◆料理ごっこ

382.朝食に タンメン(もどき)食らう 事情かな

今朝、(いつものように)5時に起床。目覚めた瞬間、ピンときた。“雪、降ってるな・・・”。当たり!だった。室温計はチェックしない――数値を見る度胸が湧かない――暖房も使わない。「春のお彼岸過ぎたら、暖房は使わぬ」を信条にしてきたからだ。単なる、カッコつけにすぎんのは承知。とはいえ、ごくごくたま~~~には、自らにキビシク。
朝飯は、寒さ凌ぎも兼ねてのメニューがアタマに浮かぶ。寒さ凌ぎというより、凍死防止に近かったが(実際、吐息が真っ白で)。作った、その凍死防止メニューを。ソイツはコレ――
a0054043_2072924.jpg
「タンメン(もどき)」。なぜ、“もどき”かといえば、モヤシを入れたからだ。ワタシの定義するタンメンは、具にキャベツとニンジンと豚肉しか使わないモノ。コレ、絶対!
ではなぜ、モヤシを入れたか。理由はふたつ。ひとつは今、キャベツがバカ高いからだ。ついこのあいだまで、一個150円だったのが現在は398円・・・。どこがデノミデフレだ?コラ!ってえ気分。ゆえに、渋った&ケチったわけ。だからといって、具がお粗末なのは、ミットモナイ。それゆえ、モヤシを――
もひとつの理由は、そのモヤシ。タダで大量にくれる奇特な方と知り合ったからだ。運送会社のドライバーさん。とあることで、“手助け”したら、その御礼にと定期的に――。半端な量じゃあない。業務用大パック(※市販品40袋分に相当)を時に、3パックぐらい持ってきてくれるのだ。ご近所に配りまくるとともに、ほとんど毎食、モヤシ料理を――。

 ●dadlifeさんへ
 ぜひ、もらいに来てください!食いきれん!配りきれん!捨てきれん!
 猫は見向きもしませんし・・・わはははは!


その、モヤシに見向きもしない2匹の猫の近況を。おととい撮影――。
a0054043_20384643.jpg
Tさんご夫婦、Tさんご家族、N君、Iさん、ハンニャもご覧のとおり、元気しとりますんで、ご安心のほど。オマケにもひとつハンニャの写真をば――。
a0054043_20421044.jpg
身体を舐めまくるのは、元気な証。最近太りだして一安心。実はコイツ、1月始めに、かかりつけの獣医から、「間もなく死の宣告」を受けたんですがね。さすがにそん時は、ビビり&(珍しく)強烈に落ち込み&オタオタしだんですが、「医者の言うことなんざあアテにならん!」と自らに檄を飛ばし、『気合い』と『チョウノウリョク』で回復させた次第。ザマアミロイ!で。ワハハハハ!

ところで、二日酔いの朝、「お茶漬け」だの「おかゆ」だのを食らう方々が少なくないようだが(それも、梅干付で)、なんの効果もなし!断言する。本気で二日酔いを解消したかったら、中華料理を食らうに限る!単品料理の中で最高に効くのは「酢豚」。食べ終わってから30分後には、二日酔いなんざあ信じられんくらいにスッキリ!作るのに手間がかかるというのが難点ですがね。
“チュウゴク”は(大)キライだが、チュウカリョウリは(大)好きな我がいる。しっかしまあ、上海万博用の「手間歌(=テーマソング)」、ありゃあ酷え~!サッキョク家(というより、「盗作屋」)とチュウゴク政府の言い訳、ないしは開き直りを大いに楽しみにする我もいる。

  ●もひとつ、dadlifeさんへ
   コメント解禁、しましょうや!ウズウズしてまっせ!
   しかし、イナガキさんは立派です。
   折れたティップ修理の見積もり問うたら、平然と「8マン円です」
   (正価:11マン9千円也の竿)とのたまった某社(某店)や
  (「じゃあ、バット部折ったら30万円か?」とスゴみました。ハハ)
   要修理で送ったら1年半だか2年もほったらかしたままにした某社よ!見習えや!
   でゴザイマス、ハイ。
   ちなみに、“ほったらかされ被害者”はワタシじゃあありません。
   ワタシだったら、その某社本社ビル、間違いなく完全爆破シテマス。ワハハハハ!
   “元・バクダン魔”ですけんね、オット!おしまい。

[PR]
トラックバックURL : http://smasuzawa.exblog.jp/tb/10435492
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dadlife at 2010-04-18 09:13 x
s_masuzawaさん、こんばんわ。
先日は長電話すみませんでした。
モヤシ・・GW明けに貰いに行きます(笑)。
イナガキ・・新品購入から自分で3代目、リール自体既に作られていないのに、快くパーツを送ってくれたその対応には、驚きすら覚えました。
ハンニャ・・元気で良かったです。
中国は論外なので、コメント消しました(アホらしくなるので・笑)。
そう言えば、幸手も雪が積もってました。大丈夫そうですよ-って電話では話しましたが、お陰でこちらも寒かったです(笑)。
Commented by EJ at 2010-04-18 12:18 x
我が家は今朝がタンメン(orチャンポン)もどきでした。肉の常備はないので野菜だけ。キャベツ、ニンジンとモヤシ。それにかまぼこが入ってました。寒くはなかったので妻がご飯を炊き忘れただけじゃないかと。

酢豚が二日酔いに効くとは知りませんでした。私には関係ないけれど、酒飲みの友人たちに宣伝します。
Commented by ならおう at 2010-04-18 16:44 x
こんにちわ。関東はかなり寒かったようですね。こちらは肌寒い程度でした。
さてかの国は著作権も独創性も関係ない奪ったモノがちというお国柄です。最近「使用停止」にしたそうですが、細かい違いを基に完全コピーではないので独創性があるので問題ないと言いきる様な気がします。
二日酔いに酢豚ですか。最近はそういう飲み方をしないのであまり縁がありませんが、二日酔いで食欲がない人にとって、あっさりしたものは心地良いのでしょう。
そういう人は多分朝もパン一枚とか、コーヒーだけとかじゃないでしょうか。
「朝から牛丼やステーキを食えるし、昨晩残ったカレーでもすき焼きでも食うよ。」と言うと信じられない表情をされることが多いのでそう思う次第です。
Commented by NAMI at 2010-04-18 20:51 x
こんばんわ、増沢さん。
ハンニャちゃんは大丈夫です。キャリアのまま天寿をまっとうします。
増沢さんが付いているから絶対そうなります。
私達家族も祈っておりますのでご安心してください。
酢豚のお話には皆で笑ってしまいました。今でもそうなんですね?
あと、八宝菜と麻婆豆腐でしょう?(笑)。
また増沢さんのお上手なお料理を食べたいものです。日野の頃に食べたっきりですものね。
私達が引っ越すとき連れていってくださった吉祥寺の中華料理のお店を覚えていますか?
今でもよく話に出ます。
あと渋谷の道玄坂のお店もですね。いつも腸詰ばかり食べていた増沢さん!(笑)
京都へ行く前に行きたいものです、母も弟も同じです(笑)。
Commented by Akasaka at 2010-04-19 03:35 x
拙者のおすすめは最初の箸がご飯まで到達できないぐらい入れた”イカの塩辛丼”です。二日酔いの朝に食べても昼には脱水症状で全ての苦しみを楽に忘れられます。

酢豚なら脂身と肉比を7:3にすれば、拙者のスタイルになります。
Commented by s_masuzawa at 2010-04-19 05:23
>dadlifeさん
あとで確認したら携帯からだったんですね。電話代が気になっちまいました。
半分もちます。モヤシ(と豆腐)でですが。スンマセン。
登録し忘れてました。登録しとくと、コール音とともに“ネエチャンの声”で「dadlifeケイタイさんからお電話デス」と。
今度いらしたときに、お聞かせ申し上げる次第。オモロイでっせ。
イナガキには社長サン宛てに、丁重なる御礼状を出したらいかがで?
新品リールが送られてくるかも。
ワタシ、過去、2回経験があります。釣り界じゃあありませんがね。
現金はムリだと思いますが。モヤシってえこともないでしょう。ワハハ!
バカネコ、医者の“宣告”どおりだととっくに“アノ世”に。なにせ大量吐血しましたんでね。
その頃は、ご近所のオバハン連中からも、「痩せた痩せた」と。
特に下半身。はっきりそう分かりましたし、実際、病院で体重計ったら1年前の20%減。現在は、たぶん戻っているハズで。
アイツとは付き合い、長いんでね。苦楽もともにしてますし。
チュウゴクは「苦」だけですが。そろそろ“天罰”が――と。大吹雪にでも見舞われるんじゃあないですか?ザマアミロ!ですがね。ハハ。
Commented by s_masuzawa at 2010-04-19 05:56
>EJ さん
ヘエ~~ッと思いました。日本ではワタシだけかと思ってましたんで、朝からタンメン(orチャンポン)食べるのは。
健康の証でしょう、間違いなく。
酢豚が二日酔いに効くのは、実はヒトによりけり。少なくともその「健康人」には効くはずで。
見ただけで、あるいは、そう聞いただけで、吐き気をもよおす方も少なくないようです。
私の周りには多数。全員、“不健康人”。朝食摂らない、摂っても、パン一枚程度。
一般的には、「シジミ汁が効く」と言われてますがね。「梅干もイイ」とも。
理屈の上では確かにそう・・・なんでしょうが、満腹感が得られるとは限りません。
というか、どこか姿勢が消極的。クスリじゃあないんですからね。
脂っこい中華料理を食うぞ!そう“決意”しただけで、二日酔いの半分はすっ飛んでます。
あくまで、“マスザワ理論”ですんでそのおつもりで。
Commented by s_masuzawa at 2010-04-19 06:24
>ならおう さん
先週の木金の2日間、「北国」でした、間違いなく。なにせ、雪が降ったどころか、積もりましたからね、2~3cmでしたが。
かのクニ、今回ばかりは“処理”に難儀するでしょう。騒ぎ出したのは、かのクニの国内からでしたから。
しかも、国際イベント用の楽曲ですし、さらには、「似ている」とか「ソックリ」を通り越して、「全く同じ!」ですからね。
くだんの盗作屋には、「少しは知恵を使えや!オマエ!」です。
サビの部分ぐらいは、ガラッと変えればエエのに、そのまんま。
どうせパクるんなら、「君が代」をってえ気分。それなら、拍手してあげますが。大爆笑とともにです。
ならおう さん、健康そのものでしょう?朝から、牛丼・ステーキ・カレー・すき焼きってえのは、その証左。
そもそも食欲は、健康のバロメーター。とりわけ朝メシ。
今朝は、“おとなしく”焼き魚定食でしたがね。ジャム塗りトーストをデザートに加えましたが、タンメンかモヤシソバなら、まだいけそうなカンジが。
すなわち、今日も「健康」だなと自覚できとります。
Commented by s_masuzawa at 2010-04-19 07:10
>NAMI どの
貴方様ご家族のご配慮に嬉しくてウレシクて、涙がポロリ。わはははは!
マジで、ありがとさん。
一時は、「覚悟」を決めたけどな。アイツの生命力に賭けたら、それが正解だったワケ。医者に賭ける気だけはなかったね、“過去の経験”から。
とはいえ、楽観はしとらん。“キャリア”であるのは事実ゆえ。
今は、朝飯をガツガツと。蒸し鶏。ワタシも食べてるがね、同じモノを。
八宝菜と麻婆豆腐、アンド回鍋肉。
吉祥寺の店は覚えてるどころか、明日にでも行きたい気分だ。懐かしいな。
その点じゃあ道玄坂の店も同じ。どちらもマスコミに取り上げられてユ~メイになっちまったが。
後者は、必ず腸詰が紹介されるぜ。大多摩ハムのサラミと比肩するウマさゆえ当然。
「そうだ 京都 いかねば!」だったねえ~、ワハハ!道玄坂経由&阿佐ヶ谷・吉祥寺、ついでに経由ってえのもワルクはない。
ついでに、そのまま諏訪湖も経由して、上高地・乗鞍へ行くってえのはどうだい?キョウトやめて。ワハハハハ!
Commented by s_masuzawa at 2010-04-19 07:42
>Akasakaさん
凄まじいですねえ~、その「イカの塩辛丼」。
他人様にオススメしないほうがヨロシイかなと思いますが。ワハハ!
どうせなら、ご飯と塩辛の位置関係を逆にして、(大量の)塩辛の上に(少量の)ご飯を載っけたらイカがですか?
そのほうが、ご飯は喜ぶと思われますが――ハハハ!
しかしまあ、強制的に脱水症状を起こさせて、二日酔いを解消するとは――
ナメクジが聞いたら、卒倒しまっせ!マジメな話。
ナメクジ顔した“青汁信者”や“黒酢信奉者”たちもですがね、きっと。
食い物を信仰対象にする哀れさよで。
サプリメント信仰よりゃあエエかもしれませんがね。
“脂身信仰”は容認します、ハイ。
食いたいもの(だけ)食らいに食らって、“不健康”になるってえなら、自分も納得いきますし。
青汁だの黒酢だのサプリだのマジメに摂っていて、ビョ~キに罹ると、恨み節。「なんでビョ~キに?チクショウ!」ってえヤツ。
ミットモナイことこの上もなし。
どうせなら、「やっぱりな」と達観したいもので。
「8:2」か「9:1」で、脂身は少ないほうが好みのワタシなりの“哲学”でした。
Commented by EJ at 2010-04-19 19:06 x
私の故郷の藤枝には「朝ラーメン」というどうしようもない文化があって、朝っぱらからラーメン屋に行列ができたりするのです。たいして美味しくもないのですが、なぜか病みつきになり、私もそんな病人の一人でした。だからか八王子出身で朝ラーメンとは何の関係もない妻もお米を切らしたときなど麺類に逃げることはあります。

でももやしが入ったらタンメンではないとは知りませんでした。やはり奥が深いですね。カレーにはじゃがいもが入らないとダメですか?それとも入ったらダメですか?こんなどうでもいいようなことでも我が研究室では(楽しい)論争になります。
Commented by EJ at 2010-04-21 00:01 x
すみません。時々スカイプかけてるつもりなのですが、うまく
つながりません。また挑戦してみます。
Commented by s_masuzawa at 2010-04-21 10:18
>EJ さん
昨夜はどうも長々と。繋がってなによりでした。
寝不足と違いますか?私は二度寝しましたが。
(恐怖の)締め切り、延びてました。“延びました”“延ばしてもらいました”ではなく、「延びてました」というところがミソ。
悶々としながらオハナシ続けておりましたんで、ホッとするやらミットモナイやらで。
「朝ラーメン文化」、“どうしようもない”どころか、「誇るべきモノ!」と声を大に。
『健康である証明文化』じゃあないですか?不健康な方々、とてもじゃあありませんが、起床間もなくラーメン(や中華系)を食べるなんて考えられませんからね。
私の場合、朝なら、タンメンかモヤシソバですが。昼も夜も深夜もなんですが。
(続きます)
Commented by s_masuzawa at 2010-04-21 11:11
>>EJ さん(続きます)
そのタンメンの具材、あくまで私ならではの「こだわり」にすぎませんで、普遍的なモノかどうかは知りません。
ただ、都内の「タンメン専門店」(実際にあります)の(偏屈な)オヤジも全く同じで意気投合。“自信”を深めた次第です。
カレーにジャガイモ、コレ、絶対!・・・でもありませんがね。
少なくとも、私自身で作るカレーは、絶対!ですが。
品種にまでこだわっちゃあおりませんが。品種によって味等はまるで変わりますがね。
Commented by EJ at 2010-04-21 12:44 x
夜遅くにすみませんでした。仮につながったら軽くご挨拶だけしてすぐに切るつもりでしたので、まさか2時間も話しこむことになろうとは!
自業自得ですが、朝一の授業に遅れそうになりました(笑)。

例のピンボケ写真のこと、やはりテンカラしかやってないから視野が狭いのですね。ミッジングをやってたら絶対に出てこない発想ですよね!
Commented by Akasaka at 2010-04-21 20:19 x
あー大変だった。

飛行機が日本へ飛ばず、mixiで拙者を見つけた初対面の女の子が突然連絡して来てさっき(今日は日本へJALが飛ぶようです)まで家に転がり込んでいました。
拙者も驚く変人で微妙なウソを連々とつき通す正体不明者でした。拙者も小さなイライラが連々と続いて最期の噴火一歩手前でJALが飛んでくれそうで助かりました。
本日(ひる)なんですが、会社に行かず慰労と祝杯を兼ねてワインをガブガブ飲んでいます。
なんだかここは気楽なのか最長の女の子は1年居候してましたよ。それで「荷物あずかって」って言って山のような荷物が小さい拙者のアパートに鎮座しています。
Commented by s_masuzawa at 2010-04-22 11:07
> EJ さん
長々と引っ張ちゃいまして、申し訳ありませんでした。
“眠そうだな?”と感じつつも、ついつい。
私は、5時に(やはり)目覚め、朝食摂ってからまた少し寝ました。
スイマセン、『気楽な生活』やってまして。もっとも EJ さんの年齢の頃は・・・・・でしたんで、ま、お許しのほど。
私がこの「0.2秒のセンセイ」をおちょくりたくなるのは、その「ピンボケ写真」の一件もあるからで。
つまり、『罪』をふたつ犯している――そのうえ、その『免罪』をきちんと果たしてオリマセン。
しかも、その『罪』、結構なる『重罪』でっせ。カタガキ効かせて、“信者”を広範囲に広めちまったんですからね。
くだんのセンセイ、その種のカタガキの持ち主につきものの傲慢さが、ハナにつきますワ。
EJさんに限っては、そうならんと確信。ゆえに、かようなこと遠慮なく書き連ねているわけで。
もっとも、「大学教授」なるカタガキかざされただけで、信じこんじまう側にも大いに責任が。
公の場で、論戦でもやりたいなと。30分(未満)で論破します。フライ界の某氏と同じくで。ワハハハハ!
Commented by s_masuzawa at 2010-04-22 11:18
>Akasaka さん
たいへんそうですね。連日の報道に、結構、リアリティを感じて接しています。
火山活動、予断を許せませんぜ。まだまだ、プロローグ段階じゃあないかと。
初対面のニンゲン相手の寛容さ。さすがですねえ~。
もっとも“オンナ”限定でしょうが。ワハハハ!
ワタシんとこも、一室は、とある御方の衣裳置き場に占有されています。
1年以上。そのとある御方、むろん“オンナ”。ワハハハハ!
頼まれちまって、「ああ、エエよ」と即答。
お互い、その種の“縁”というか、“ボランティアごっこ”というか、はっきり言って、「金にならんコト」に関しては、“恵まれて”オリマス。
貴殿の場合、「オンナの子」、ワタシの場合は、「オバハン」という決定的な違いがありますがね。
そのうちお互い、きっと、エエ事が!
そういえば、さっき「エホバのショウニン」さんが拙宅に。ご夫婦でお見えになりました。
“神様のご褒美”のニオイを感じ取りました。
Commented by Akasaka at 2010-04-22 13:52 x
ホントですねえ。序章なのでしょうか。
早く神様もご褒美くれないすかねえ。
Commented by EJ at 2010-04-22 17:48 x
私、今の職場にいられるだけで奇跡的なので、カタガキ使ってどうこうなんてとても思いつきません。あのピンぼけ写真の一件、ご本人は心からそれを信じておられるのでしょうかね?大学教授でも文系ならまだしも、たしか工学系のはずだからいわゆる科学者なんですよね。

あの電話、私は私で「早く切らないと5時起きの増沢さんがどうにかなってしまう」と心配しておりました。結局、今日は仕事にならないと判断。日曜出勤の代休をとって寝倒しました(爆)。なにやってんだか。
Commented by ならおう at 2010-04-22 23:58 x
ふと気になって「0.2秒」のHPを見ました。「違和感を感じると0.2秒で吐き出し・・・」とありました。魚類が違和感を感じた瞬間ってどうやって定義したのかが疑問です。魚に電極でも刺して脳波の経時変化でも測ったのでしょうか。なおご専門はスポーツ医学であって工学・技術系ではありませんので、その辺はあまり突っ込まない方が良いみたいですね。

Commented by Akasaka at 2010-04-23 01:39 x
朝日新聞からの引用には:「現時点でカトラ火山が連動する動きは観測されていない」との見解を述べた。ってありますが、活動してるみたいですよ。
Commented by EJ at 2010-04-23 09:04 x
ならおうさん、ありがとうございます。スポーツ医学がご専門とはつゆ知らず。それでもやっぱりピンぼけ写真の話はダメですよね。専門外なら謙虚になった方がいいですよね。
Commented by goo~ at 2010-04-23 20:11 x
先程は貴重な時間を頂きまして、誠に申し訳なくまたありがとうございました。独善的に飛び込んでくる電話の類いはあまり得意ではないのですが、そう言いながらもタイムラグ無しの会話はやはり何者にも替え難いと実感しております。(今は大層気分が宜しゅうございます)
さてさて、件の電光石火先生の話、自説を強弁して恥じず且つ他説を聴かない・・・、釣りを趣味にする人には多いかと。斯く言う自分も思わず知らず、やってるのかも知れません。気をつけなくちゃ・・・。
謙虚でありたいです。
Commented by ならおう at 2010-04-23 22:38 x
EJさん。私はピンボケ写真の事は知らないのですが、いずれにせよ専門外の事も含めて謙虚にする事は格好良いと思います。
私も謙虚に穏やかに振る舞おうと思っていますが、これがなかなか難しい物です。でも何を以てT=0としたのか、吐き出す0.2秒前はどうやったらわかるのか、再現性は得られたのか?仮に0.2秒として、バラツキは?サンプリング数は?と疑問は尽きませんってこんな事書き連ねていると謙虚な人ではなく、嫌みな人ですね。
Commented by s_masuzawa at 2010-04-24 10:00
> Akasaka さん
火山のほうが地震よりは予知しやすいみたいですんで、カトラに関して、今日明日にドッカ~~ン!ということはない――日本の専門家はそうのたまってました。
しかし、英字サイトの記事だと、きちんとその予兆が観測されているみたいで。
当方なりに他も調べてみたら、低周波ナントカ数値は明らかに上がっているとの記載も。
火山口を氷河に覆われていると火山灰は粉化するため、航空機には絶対的にヤバイということを今回知りました。
カトラの氷河は桁違いの規模みたいで。
GW期間の欧州ツアー、キャンセルが続出しているそうで。上海万博は増えているそうですがね。
火山と地震だけはいかんともしがたいものがありますんで、泰然と受け止めるしかありませんや。
チュウゴク人のマナーの悪さもいかんともしがたいものがあるようですが。
いずれ、『神罰』が――。
その『神罰』食らわんということが、「ご褒美」かもしれませんぜ。
ダメですか?ソレじゃあ。実はワタシは、ダメ。
「目に見えるご褒美を!」と。ワハハ!
Commented by s_masuzawa at 2010-04-24 10:23
>EJさん
ご本人、いまだに信じこんでいるかどうか分かりませんが、あの御仁の記述を読んで信じこんでる方々は少なくありませんよ。
そもそも、さようなことに自身の脳細胞を使って、思慮を重ねようとなさる方は少ないもので。
カタガキ自慢の主の暴論の類であっても、右へ倣え。フライ・ファンとて似たようなモンですがね。
ご本人サンも、“私の記述”を読んでくれてれば、少しは省みるだろうと、僭越ながら。
実はあの記述に関しては、読者の方々から結構な数の賛同の声が。
たいそう嬉しく思いましたね、正直なところ。
私の場合、「5時起床」は義務ではなく習慣にすぎません。「起きねばならぬ」ではなく「目覚めてしまう」。
ですんで、どうぞご心配なく。
私のほうこそ、貴重なる代休を睡眠時間で消化させてしまったようで少しばかり心苦しいなあと。
次回はぜひ時間制限を予めおっしゃって下さい。それにピタッ!と合わせてご覧にいれますんで。
Commented by s_masuzawa at 2010-04-24 10:35
>ならおうさん
おっしゃる通り、あの御仁、スポーツ医学とやらがご専門。
つい最近、日本テレビ系の『世界でいちばんどうたらこうたら授業』(←スイマセン。正式タイトル思い出せませんでした)なる番組に講師としてご出演。
シャベくりはお上手でしたし、雰囲気もよろしい~。その点では大いに好感持てましたし、ホッともしました。
好きなんですね、目立つのが。そう喝破しました。
ですんで、「0.2秒論」もたいした検証もすることなく開陳。なにせ、(天下の)NHKからのお声がかりですからねえ~、舞い上がって当然。
脳波の経時変化など考えもしなかったことでしょうや。
「違和感」なる感覚は、おそらく生命体が共通してもつプリミティブな感覚でしょうから、それ自体に異論はありません。
ただ、その感覚表現が、やれ「餌(食い物)じゃない!」と“判断”したとか、はては「ニンゲンの危険な道具だ!」と“感じた”となると、大いに異論が。
あくまで持論なんですが、渓流魚ってえのは、「楽に吸い込めない」となると一旦吐き出すだけにすぎないんでは?と。
テンションがかかっていると確実にそうなります。
Commented by s_masuzawa at 2010-04-24 10:54
>goo~ さん
楽しく会話させていただきありがとうございました。
銀行トラブルで苛ついておりました気分が大いに収まりました。
あの後、夜中にふと思いつくことがあって、またくだんの銀行に電話を(24時間受付態勢です)。
偶然にも昼間の担当者が電話をとりましたんで、沈着冷静かつ、やんわりとドスを効かせてさらなる“正論”を。
担当者、大いに納得しとりまして、それで完全にスッキリ。
シロクロ、はっきりつけたがるんですよね、B型は。首肯して頂けるものと。ワハハハハでございます。
電光石火のセンセイ、自説を曲げない――んでしたらまだ“処置”が。
無視すりゃあエエだけですからね。
ところがセンセイ(さま)、自説とともにその否定論をも平気の平左で、のたまっている――!
民主党か自民党か、公明党か共産党かどころのハナシじゃあありません。
“コウモリ先公”――これからはそう呼ぶことに。
なお、この場合のコウモリは(カッコイイ)“バットマン”じゃあありませんで、“アンブレラ”がピッタリ!
なにせ、“ブレ”まくってるわけですから。ワハハ!
Commented by s_masuzawa at 2010-04-24 11:18
>ならおうさん
「ピンぼけ写真」ってえのは、くだんの“アンブレラ先生”がかなり以前に某書に掲載した写真のことです。
その中で、明らかなるお粗末極まりなき間違いをふたつ犯しました。
ひとつは、「渓流魚の視細胞密度は低い。だから近眼だ」と断じたこと。
サケマス類の視細胞密度が人間より低いのは事実のようですが、ただし、それと近眼は全く無関係。
視細胞密度がいかに低くとも、解像度こそ低下しますが、ピンはボケません。
ギンバンフィルムのISO感度を例にすれば分かりやすいかと。ISO3200のフィルムを使ってもピンはボケませんやで。
ところがくだんのオッサン、勘違い。はっきり言って、専門が文系だろうが理系だろうが、スポーツ医学だろうが生理学だろうが生物学だろうが関係なし。
私のような科学全般に対し、“ド”のつくシロウトですら気づく“当たり前”のことにすら気づかぬボンクラ風情が大手を振っているという事実は・・・ということです。
(続きます)
Commented by s_masuzawa at 2010-04-24 18:21
>ならおうさん&皆々さま
ここ、スクロールするのにあまりに時間がかかりすぎますんで、続きのコメント等は上の新記事コメント欄に移動します。
よろしくご理解のほど。
by s_masuzawa | 2010-04-17 20:08 | ◆料理ごっこ | Trackback | Comments(31)

●風止んで 落ち葉で埋まる アノ小池


by s_masuzawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30