◆農業ごっこ

537.ネギとラッキョウ(野郎)

a0054043_1313599.jpg
拙畑では、数種類のネギを育成中。

ネギ種は多種にわたるが、大きくは「白ネギ(根深ネギ)」と「青ネギ(葉ネギ)」に分かれるそうな。関東では“白”が、関西では“青”がそれぞれ主流(・・・というのはすでに常識)。
a0054043_1320264.jpg
コレは、九条ネギ。青ネギの代表格にして、京料理に欠かせぬネギとして、つとに有名。“太くならんなあ~”と諦観気味に眺めていたら、この程度が標準なんだと最近知った。
a0054043_13243138.jpg
「松本一本ネギ」。長野県松本エリアで品種改良されたモノ。典型的な白ネギで(※「一本ネギ」なる品種はすべて白ネギ)、九条ネギ等の青ネギとは対照的にかなり太くなる。
a0054043_13394135.jpg
これも一本ネギ。単に、「一本ネギ」なる名称で細苗が売られていた。
a0054043_13412273.jpg

「ワケネギ」。これは青ネギの一種。「分葱」なる漢字表記のとおり、やたらに茎部が分かれ、それらを引っこ抜いて移植すると、またどんどん増えるというアリガタキ種。
埼玉県はこのネギ種の栽培が盛ん。拙畑のモノは2年ほど前に、畑のオーナーのオッサンから頂戴したものが“繁殖”。当初は10本程度だったものが、今では数百本に─────。
a0054043_13484686.jpg
これは、「ワケギ」。漢字表記は、上種「ワケネギ」と同じく「分葱」だが、まったくの別種。ネギとタマネギの交雑種だとか。コレを使った代表的料理が「ネギヌタ」。好物。
2年半前、スーパーで購入したモノを根っ子部分だけ植えたら、かように成長。その間、すでに4,5回、根部を残して収穫を重ねているのだが、あっという間にかように成長するという誠、ありがたきモノ。
a0054043_1403210.jpg
これも名称は「ワケギ」。タマネギ・・・というよりラッキョウに近い種で、実際、根っ子部の鱗茎部は、もろに“ラッキョウ”。
野草のノビルと近似種だが、鱗茎部は断然大きく、しかも“旨そう~”で。
a0054043_14101741.jpg

今朝収穫した九条ネギ。隣家の奥様に贈呈。近所のスーパーでは、(たった)2本で「198円ナリ」のプライスが。端的に言って、“メチャ高!”。すなわち“高級ネギ”なんでアル。
それゆえだろう、例の阪急阪神ホテルの偽装素材のひとつになっておった。

あの種の食品偽装事件は定期的に起きるが、そのたびにタイプの違う「バカ社長」が登場して、我々を愉しませてくれますワ。
こたびのバカ社長、面構えもラッキョウそのものだが、あの厚顔的ツラの皮を剥いても剥いても表れるのはバカ面だろう。「現場」にすべての『責』を負わせるという論調&姿勢は、数年前の「吉兆船場」と同じパターンながら、吉兆とは違って最後の最後まで居直り続けることでせうや。

“みのもんたサンによう似ておるなあ~”ふとそう思った我がオリマス。アノ人も「ラッキョウ野郎」でっせ、皆サマよ。


─────────────────<INFORMATION>─────────────────
a0054043_13235227.jpg〈 秋月岩魚さんのポストカード発売中 〉
●写真家秋月岩魚氏の新しいポストカード『~ Le Tour de France ~風になった男たちの夏』が発売中です。
●一部12枚セットで、サイズは通常のハガキより20%大きく「180×118mm」(※定形サイズで郵税は50円)。
●価格は一部1,200円(税込・送料込)。そのうち、500円が「東日本大震災復興支援金」として寄付されます。
●ご希望ないしはご検討されたい方は、秋月さんのHP『秋月岩魚オフィシャル・サイト』をご覧になってください。コチラをクリックのほど
[PR]
トラックバックURL : http://smasuzawa.exblog.jp/tb/18860359
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by s_masuzawa | 2013-10-27 14:38 | ◆農業ごっこ | Trackback

●校門が 雲に覆われ 加計ゲート


by s_masuzawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30