◆虫とムシ論

5.複雑な心境

a0054043_1256372.jpg
東京消防庁の消防士サン。何やら準備に忙しい。実はスズメバチの巣の“駆除”に出動してもらったんである。
a0054043_12565181.jpg
昼前にこの小道をチャリンコで通っていたら(軽く)襲われた。むろん当方がだ。左の消防士サンの目線の先あたりで。大きな羽音が耳許に達すると同時に目の前を大きな虫が横ぎった。“スズメバチだ!”と直感。20mほど突っ走る。振り返ると相当数が飛び交っていた。恐る恐る接近。ビビった。オオスズメバチだったからである。
逡巡した。“駆除”を要請するか否かである。実は当方、エラく連中に“同情的”なんである。片っ端から『殺人蜂』扱いする昨今の風潮に大きな違和感を持っていた。しかしながらこの小道、格好の散歩道&抜け道になっていて子供達や女性らの通行がやたらに多い。当方のように知らずに通って襲われる危険性が大。それゆえ消防署への連絡を“決断”。
a0054043_12574076.jpg
防護服に身を固めて現場に向かう隊員(なぜか地下鉄サリン事件を想起した)
a0054043_12575253.jpg
殺虫剤を噴霧しながら巣の場所を探す隊員。写真では分からないが凄い数のオオスズメバチがふたりを襲っている。通報したことを少し後悔……。
a0054043_1258448.jpg
当方も離れた地点に避難。興奮したハチが頭上を飛び交い始めたからだ。左にいるのは小隊長。林に入った隊員から「巣がありました!」の声が。しばらく経って「デカイです!」の声。それから約20分。その間、10人ほどの通行人&バイク青年に事情説明し迂回を勧める。「オオスズメバチ」と言うと全員スンナリ、通行断念。
a0054043_13291279.jpg
殺虫剤を浴びた相当数のハチが空を逃げ惑って飛び交う。
a0054043_13295187.jpg
当方の足許あたりまで飛んできて落下。地面で激しく苦悶。
a0054043_13364247.jpg
林から隊員が巣を入れた袋を手に戻ってきた。
a0054043_13374925.jpg
直径70㎝もの巨大な巣。町田管内で過去最大だろうとのこと。中にはまだ幼虫がたくさん入っていると聞いて、ハチの子好きの当方、ちょっとばかり喉が鳴っちまったが(長野県や岐阜県の消防隊員なら間違いなく食用にするだろうね)“その巣、丸ごとワタクシにくださいませんか?ご褒美に”そう言いたい気分をグッとこらえて「ご苦労様デシタ」と一言。
a0054043_140133.jpg
絶命した個体を一匹持ち帰る。体長40㎜。紛れもなくオオスズメバチだ。撮影後、穴を掘って“埋葬”。線香と般若心経をたむけた。せめてもの“罪ほろぼし”。“消防署にチクっちまってゴメンな”。なんにせよ“チクる”のは気分がワルイ。“駆除”なる用語も大嫌いな我がいるけど
[PR]
トラックバックURL : http://smasuzawa.exblog.jp/tb/2474693
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 倫子 at 2005-11-03 19:57 x
お久しぶりになってしまいましたが…まずは、
引っ越しお祝い?(笑)画像が一杯になったのでしょうか?
今回も(勝手に)リンクさせて頂きました!あ、
あたし、誰だか分かりますよね!??(爆)蜂に限らず、
共存できるとイイのにと思います…園芸始めてよかったなぁ>あたし
Commented by lefty_haru at 2005-11-03 20:18
お引越しおめでとうございます。
今年の9月に北陸の渓に行ったとき。橋の袂から降りたんですが、その橋の欄干の下に大きなスズメバチの巣!。
一瞬たじろいたものの、よ~く見ると空の巣でした。ほっと一安心して、楽しい秋の釣りを楽しみました。

スズメバチもムクドリと同じく、天敵の少ない人間の居住地近くに巣を作るのでしょうかね?高校まで岐阜の田舎に住んでましたが、アシナガの巣はよく見かけても、スズメバチの巣はあんまり見なかったです。
Commented by NAMI at 2005-11-03 20:42 x
こんばんは、増沢さん。
刺されなくてよかったです。以前に刺されましたよね?「医者に行ったの10年振りだ」と笑ってましたけど。
スズメバチ達は可哀想ですけれど仕方がありません・・・。そう簡単に言うと増沢さんはきっとお怒りになるでしょうけど。
テレビのワイドショーやニュースには私もいつも疑問に思っています。誇らし気に蜂の巣を自慢する人達を見て哀しくなりました。
倫子様がおっしゃるとおりに共存できるのが一番です。難しいのでしょうね。
でも増沢さんに供養してもらった蜂達はきっと成仏します。
気になさらないで下さい。余計なことでしょうが。
Commented by A.T at 2005-11-03 23:28 x
早速、帰宅早々に拝見(じゃあないね、こんな時間ですから)致しました。何とも大げさそうに見えるのはそれだけ猛毒ってことですね?でも、さほど実感のわかないワタクシですが。サリンの時っぽいのは確か!    「ワタシの身にもなってよ!」って言葉、以前はよく使いましたがハチだってそうですよね・・・。
そういえば、昔、蜂のムサシは死んだのさ~♪って曲ありましたよね?
                          
Commented by KOKUZOBOSATSU at 2005-11-04 09:33
> 倫子さま
こちらこそご無沙汰しております。
容量が一杯に。とはいえ400以上の記事を入れることができましたので(大)満足しています。有料コースは全く考えませんでした。
他社のブログもいくつかイジってみたんですが、いずれも一長一短。
いくつも行脚なさっておられる倫子さんはたいしたもんだと改めて思いました。当方にはとても無理。
「共存」はかなりムヅカシイでしょうね。人間とかようなカタチで接点を持ってしまうと。
ハチ騒動クマ騒動の類いをテレビなどで見聞している分にはイラつくことも多いのですが、いざ自分が当事者となると……です。
今回のオオスズメバチも歩道域にまで出しゃばらなければ──だったんですが。前日は全く気配すらありませんでした。
拙宅でも今年2つの巣が。小さめのアシナガバチでした。そのままに。ただオオスズメバチ級だったらどうしたかはナントも。
Commented by KOKUZOBOSATSU at 2005-11-04 09:58
>lefty_haruさま
(続)初訪問、ありがとうございます。
lefty_haruさんのブログにその旨、メッセージをと思ってましたが、タイミングを逸してしまい失礼致しました。
渓流でスズメバチに遭遇することは結構ありますね。
概ね、どうってえことはありません。身体の回りを旋回されると少しビビりますが。
「ポイズン・リムーバー」なる吸い出し器と10年以上前にキイロスズメバチに刺され医者に行った際にもらった飲み薬を常時携帯していますが。完全に“賞味期限切れ”でしょう。
とはいえ、プラシーボ効果ってえヤツに期待をかけてます。
巣も頻繁に目撃しましたが、今回のようなオオスズメバチの群れ&巣は初めてでした。
オオスズメバチは土の中に巣を作りますんで視認はなかなかに困難。
この日、黒いキャップを被っていたことも“攻撃”を受けた要因だろうなと。
いずれにしても“貴重な体験”ではありました。
Commented by KOKUZOBOSATSU at 2005-11-04 10:08
> NAMIさま
なんにしても、気の毒なことをした。
色即是空 空即是色 受想行識 亦復如是
なる「心境」(←般若“心経”にひっかけた)だね。
オオスズメバチに刺されると半端では済まないそうで、それよりふたわまり小さいキイロスズメバチには刺されたことがあるから、一度オオスズメバチを体験してみようかな?なんて半分冗談で吹聴してたが、二度とクチにしないぜ。
『ド・迫力』だった。
クマのほうがまだいいよ。ヒグマはちと恐いけどね。
日本中で、かようなトラブルが起きてんだよな。
南無!
Commented by KOKUZOBOSATSU at 2005-11-04 10:14
> A.Tさま
オオスズメバチのハリは5㎜以上。毒も強いが痛さが強烈(らしい)!
被害者によると「日本脳炎の予防注射」を同時にまとめて10本ぐらい食らったほどだそうで。
ヘタすりゃ、昇天するんですから当然でしょう。
ちなみに「日本脳炎の予防注射」の痛さを知っているヒト、概ね年齢が分かります。
「ハチのムサシ」も然り。
年齢を自ら開陳したようなもので。
Commented by いしど at 2005-11-04 21:03 x
なかなか迫力ありまっせエ〜!いいスよ、ドキュメンタリーっぽくって。
ここ近所なんすか?岐阜県かと思ったスよ。ススメバチのこと「ヘボ」って呼んでますゼ地元じゃあね。
ヘボメシってえ定食食べたことあります。くさるほど入ってんすよカブトムシぐらいの幼虫がさ、サナギもね。注文して後悔しましたよ。全部平らげましたけどね。
そういえば長野県じゃあカイコ食べますよね?俺は食えないな<~~>
Commented by s_masuzawa at 2005-11-05 08:51
>いしどどの
そう“ご近所”。ここの林は広大。オーナー夫婦とは面識アリ。
ゴマ擦ってンだよ。そのうち半分ぐらいもらえるんじゃあないかと思ってだ。
そしたら一帯を「スズメバチの森」にしようかと企ててる。
「ヘボの森」でもいいな。料亭作ろう、ヘボ料理の。誰も来ないか?ハハハだね。
ヘボ料理は知ってるよ。食したことはないが。
カイコはワタシ(といえど)もちょっと苦手だ。
ガキっちょの頃に鯉釣りやった経験のある人間は概ねそうだよ。
ありゃあ鯉のエサにはなるけど……だよな。
Commented by baba-tokki at 2005-11-05 18:37 x
御無沙汰してしまいました。
プロバイダーというのを変更したり夫婦揃って風邪で寝込んだり。。。季節の変わり目、人の体もどこか変わろうとするのでしょうかこういう時期には決まって調子を崩すことが多ございます。(鬼のかく乱と言われますよ)
スズメバチもそうなんでしょうか。道路などまで飛び出なければ。。。。
でもお宅様のなされたことは間違ってはおりませんと思います。
「ゴメンな」というお優しい言葉に胸が打たれました。
遅ればせながら新しいブログのオープン、おめでとうございます。
Commented by s_masuzawa at 2005-11-06 10:22
> baba-tokkiさま
お久しぶりです。
実は先日友人とウワサをしておりました。半分は当たっておりました。
「鬼のかく乱」、私にも言えることで。ほぼ2年に一度のペースで風邪をひきます。
“1泊2日”程度で自然治癒させることを自慢していますが。
医者にも行かず薬も飲まず、鍋焼うどんとニンニクたっぷりのカツオの刺身なんぞを食らって寝ているだけ。
40度近い熱もコレで治してきました。マネして下さいという気は毛頭ありませんが。
町田はスズメバチの巣が多いそうですね。消防隊員がそう言ってました。実際、彼らは手慣れたものでした。
やっぱり『南無』ですね。そういうハナシを聞けばなおさらです。
Commented by uchoten at 2005-11-06 22:41 x
こんばんワ〜です♪
スッゴイですッ!!!
スズメ蜂を退治する(←駆除は×なんでしょ?退治にしましょうよ)のって戦争みたいなんですネッ<*^〜^*>
消防隊のひとら兵隊みたい!
でも s_masuzawaさんは蜂を食べちゃうんですか???
/〜ギョギョギョッ!〜\
Commented by s_masuzawa at 2005-11-08 12:55
> uchoten さま
“兵隊さん”はともかく“正義の味方”ってえ雰囲気はあるかなと。
ハチは食べますよ。ウマイ!から。
長野県や岐阜県の一部の一部のヒトはハチの巣を見るとヨダレを垂らすもので。
ワタシもそう。しばらく食べてませんが。
ちなみに栄養価は抜群!コンビニに並ぶサプリメントの類いが、それこそ束になっても、相手になりません。
よろしかったら、あなた様もぜひに。
by s_masuzawa | 2005-11-03 12:56 | ◆虫とムシ論 | Trackback | Comments(14)

●風止んで 落ち葉で埋まる アノ小池


by s_masuzawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31