◆てれび・しんぶん論

222.だからダメなんだよ、NHKは

NHKが“自画自賛”してやまない番組に、『プラネットアース』なるドキュメンタリー・シリーズが。たびたび、再放送を繰り返しているが、その謳い文句は、『誰もみたことのない地球の素顔を極上の映像で描く。NHKとBBCが五年の歳月をかけて撮影・制作した大型自然ドキュメンタリー』。シリーズ全てを観たわけではないが、確かにその映像は圧巻の一言。感心することしきり。といいつつ、今回はこの番組(とNHKの資質)にイチャモンを。
ターゲットは、第5集「高山 天空の闘い」。この中で、ヒマラヤ越えを企てる、世界最小のツル、「アネハヅル」の集団飛翔シーンが紹介される。数百羽単位の群れが、6000m超級の峰々を“果敢に”越えるシーンはまさに圧巻。インド、中国、東南アジアあたりで越冬するためだそうだが、なんで無理してそんな高いところを?というのは人間の感覚にすぎない。彼らにとっては、「無理」なことではなく「自然」なことなんだろう。「果敢に」という表現も然り。彼らにとっては、ごく「当たり前」のことのハズ。
“アネハ”は「姉葉」。しかしながらどうしても「姉歯(元一級建築士)」を連想してしまうから、そういう点ではツキのないツルかもしれないが、実際、その集団の中には“ツキ”がないヤツが。途中、一羽の個体が2羽のイヌワシに襲われて餌食となる。
問題はその時のナレーション。最悪&最低。イヌワシに捕獲されたシーンが流れた直後、飛翔を続ける群れのシーンが。その映像に被せてこうナレーション。「かわいそうですが、仲間たちにはどうすることもできません」。わざとらしさたっぷりで感傷的なオンナの声。これで全てがブチ壊しに。超一級・超弩級・超ド迫力の映像も大仰なテーマも、さらには多くのスタッフ&関係者の(御)努力も、さらには(御)出演下さったアネハヅルやイヌワシがまさに“命がけ”で“演じて”くれた“大自然ドラマ”もがだ。
端的にいえば、感傷など無用なのだ。その感傷自体、人間(ごとき)の些末な価値観&御都合主義に基づくものにすぎないからだ。先述した「無理」「果敢に」という感覚も同じなら、「ツキがない」と思う感覚も同じ。非・自然にして主観が過ぎよう。大自然をテーマ&被写体にするのなら、本来は、透徹たる『(大)自然観』と「生命」に対する冷徹なる『哲学』を基盤に据えてから、超然と向き合うべし!なのである。ましてや、“天下の”NHK&BBCが、膨大な金と日数と労力をかけるのならなおさらのこと。そんな気構え、微塵もないということを明解に示したのが、「かわいそうですが、仲間たちにはどうすることもできません」なるナレーションだった。ヘドが出るような「甘さ」は、一種の視聴者迎合主義の表れであると同時に、ある意味、視聴者を小馬鹿にしたものでもある。これぞNHKの宿痾的体質ナリ。
だいたい、イヌワシに捕獲された仲間に対し、他の仲間たちが、「どうにかしよう」などと思うわけがない。逆に「ああヨカッタ!オレ(ワタシ)がヤラれなくて」と胸をなでおろしているかもしれないのだ(コッチのほうがまだ共感を持つね、ワタクシは)。仮に、先のナレーションがその線だったらどうだったか。すなわち、「運に見放された一羽のツルがイヌワシにヤラれたため、他のツルたちは安心して越冬地へ向かうことができ、その喜びがエネルギーになって、ヒマラヤ越えもなんのその!」。違和感ムキムキだろうが(アホな視聴者連からは非難轟々だろうが)、本質的にその違和感、先のナレーションにも全く同様、感じるべきなんである。
かなり以前、当ブログのパート1で『No.60 チーターとトムソンガゼル(『客観』とはげに難しきもの也)』(2004年12月25日付け)なる記事を。当時、NHKが放映していた「地球!ふしぎ大自然」なる番組をオチョくったものだが、お暇でしたらお目を通して下さいませ。本記事と似たようなコト、記しているんだが、コッチの番組ならまだ許せるというもので。コッチは、デパ食あたりの“お子様ランチ”だからでアル。しかし、『プラネットアース』はちゃいまっせ。京都は「吉兆」あたりの懐石料理。素材は超一級。しかし、アジノモト使っていたら、どうなりますか?しかも、それが「当たり前」と思ってるに等しいんですぜ、NHKの感覚・感性は。だから、アンポンタン呼ばわりする我がおるわけで。オシマイ。

●追記 もしワタクシがこの番組をディレクションするんなら、『諦観』を基盤に構えるね。それが、『(大)自然』をちょこっとは表現しうる価値観(のひとつ)ゆえ。もっとも、ワタクシがヤッたら、完成するのは“来世”になるだろうけどさ。ワハハのハ。
[PR]
トラックバックURL : http://smasuzawa.exblog.jp/tb/5924054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from プラネットアース at 2007-08-05 09:07
タイトル : プラネットアース
プラネットアースをもう見ましたか?プラネットアースの素晴らしさや、その魅力など。... more
Tracked from いぬっこだいすき倶楽部 at 2007-11-08 18:42
タイトル : こんにちは
今、人気のあるいろいろなワンちゃん(犬) の情報を紹介しています。 お役に立てる情報を随時に掲載更新していきますので、興味のある方はぜひご覧下さい。  ワンちゃんといっしょにHappy lifeを! ... more
Commented by dadlife at 2007-07-27 20:29
s_masuzawaさん、こんばんわ。(^^)
思わず何かあったのかなーと、godzillaさんと心配してました。
が、NHKの題材が出た瞬間に「こりゃ大丈夫かな」と(笑)。
BBCっ単独のこの系のドキュメントとかCGって好きですよねー。NHKが入るとおかしくなりますが・・、余計なナレーションより、映像だけ見てたほうがリアリティーがあるように感じるのは自分だけでしょうか(笑)。まあ、自分の知識・ボキャ不足なのかも知れませんけど(自爆)。
話が逸れますが、1日から青森入りするので、帰ってきたら電話します(雑談ですけど・爆)。
Commented by ならおう at 2007-07-28 01:25 x
次は8日放送ですね。運悪く今回は見逃しましたが次回のナレーションが楽しみです。
私は今回の場合だとイヌワシの攻撃を解説するナレーションが欲しいです。
Commented by s_masuzawa at 2007-07-28 11:11
>dadlifeさん
ご・ぶ・さ・た・で。
「ご無沙汰振りです」という表現が、ピッタリくるほどに。
ちなみにこの「ご無沙汰振りです」なるフレーズは当方の“捏造”でして、「ご無沙汰です」と「お久し振り」をドッキング。
本当〜〜に久しぶりだと感じた場合にのみ使用を認めています。
そのつもりで、使ってつかあさい。
ご心配下さったようで、ありがたいやら申しわけないやらで。
“締めきり地獄”“雑用処理地獄”が重なってました。
対価の生じる文章書きに悶々としていると、余裕をもって、戯れ文は書けないものだということが改めて分かりました。
結構な量の文章を仕上げたんですが、その余韻の冷めないうちに……てなノリでこの記事は仕上げました。
ですんで、ヘンにカタイですねえ〜。マジメ論風でちと気に入りません。削除しちまおうかな?なあんてね。
遅ればせながら、『再開』オメデトウございます。
イカッタですね。といいつつ、再開後最初の記事記すのって、ちょっとテレ臭いものかと。
一週間ほど学校休んだ(サボった)後に登校する気分。
当方も、この記事記す時にその気分を。なにせ実質、一ヶ月振りですんでね。
(続きますです)
Commented by s_masuzawa at 2007-07-28 11:14
>>dadlifeさん(続きです)
ヘタな言い訳けせずに堂々といこう〜!ってね。ちょっとそれが、気負いになっちまいました。
青森へご出立なさる前にご連絡を。スカイプでも電話でも結構です。
今夜、鴻巣は花火大会。今からもうワクワクしとります。
前祝い&景気付けに、今からビール系飲んじまおうかな?ってね。
今からソレやると、肝心の花火タイム時には確実に熟睡しちまいますが。ワハハハハ!
Commented by s_masuzawa at 2007-07-28 11:21
>ならおうさん
また、放映するんですか?
『恥』をまたまた曝すようなモンですが、連中、『恥』だと気付いておらんわけですね。
おっしゃる通り、イヌワシを『主役』にしたら、全然違う展開が。
「イヌワシ夫婦には生まれたばかりのヒナがいます。一週間振りに新鮮なアネハヅルの肉をたらふく食べることができて、ヒナちゃん(←必ず“ちゃん”付けにするハズで)も大喜び!ヨカッタですね!」てなナレーションでしょう。
それを、“ヨカッタヨカッタ”とばかりに喜んで観る多くの視聴者連。
御都合主義、ここに極めれりです。
Commented by Akasaka at 2007-07-28 17:46 x
お久しぶりです。更新が無いので、もう4兆円ぐらい作ってしまったかと思っていましたよ。
どういう訳か、これ読んでたら、「お父さんのために早く結婚しなさい。そしてお父さんにお孫さんの顔を見せてあげなさい」と、ロンドンまで来てお節介焼く父の部下を思い出しました。日本語の感傷的表現ていうのは、ウラの匂いがするんですよね。「あなたのため」っていうのは「おいらのため」みたいな。
Commented by s_masuzawa at 2007-07-31 02:35
>Akasakaさん
どうもどうもです。
つい先日、友人の車に乗っていた時のことです。
「1億6千万円バナシ」で盛り上がっていたら、突如、エンスト。
微動だにしなくなりました。
「4兆円バナシ」でしたら、大爆発を起こしていたことで。
「4兆円」、常にアタマにありますねえ。
「人(ニンベン)」に「為」で、「偽」という漢字になります。
つまり、「ヒトの為」イコール「偽り」ということです。実に鋭い!
島田洋七サンの佐賀だかのバアさん級の卓見・卓論です。
「他人の為」「家族の為」「会社の為」「社会の為」「国の為」「地球環境の為」などなど、全部が全部、胡散臭い。
まあ、「家族の為」ぐらいは少しは胡散臭さの薄れるカンジはあるでしょうが。
すなわち、御指摘の通り、「あなたのため」っていうのは「おいらのため」なんですよね。
そのあたりに気付いていると、「○○の為」なるフレーズ、死んでもクチにできません。
全て「オノレのため」。1億6千万円も4兆円もオノレのため──そう強く自覚しています。
Commented by 西やん at 2007-07-31 09:58 x
初めまして。福岡のShirokinさんの釣り仲間です。
最近のNHKについて、常々思っていたことを仰っていただいたもので、飛び入りさせて頂きました。
番組の終わりにいっつも「このように・・・は命を育んでいるのです・・・」とくるあの甘ったるさは本当に勘弁してもらいたいですね。
 子供の頃、日曜の朝に見ていた旧版「自然のアルバム」は、実に淡々とした解説だったのを覚えています。この30年間でNHK(と日本人)がいかにガキ化したか、ということですね。
Commented by s_masuzawa at 2007-08-02 18:22
>西やんさま
初めまして。ようこそお越し下さいました。
御指摘の「このように・・・は命を育んでいるのです」のクダリを読んで大笑い……と同時に、全身に悪寒が走りました。
思い出したくないおぞましき記憶が突如蘇った風でしたんで──はちと大仰ながら、実際、“気持チ悪イ”んですよねえ、アノ種のノリ。
「ワタシたちは地球という宇宙船に乗る仲間なんです」にも、ゲゲ〜〜ッ!
「ワタシたちは地球という生命体を蝕むガン細胞なんだよ!」と毒づきたくなります(し毒づきました)。
「自然のアルバム」、よ〜く覚えています。おっしゃる通り、押し付けがましさや無用なナレーションの少ない、まさに“自然体”の番組でした。
映像の技巧的にもケレンのない素直なカメラワークでしたんで、おそらく何回観ても飽きがこないだろうと思います。
(続きます)
Commented by s_masuzawa at 2007-08-02 18:22
>>西やんさま(続きです)
実は、『プラネットアース』のカメラワークにはその点で疑問が。
結構、クドいシーンが多々ありますね。カメラマンがおそらくは、“酔って”しまっているんでしょう。
構成面でも気負いが感じられますんで、2回、3回と観続けると、飽和感が。
本格的中華料理のようなものです。それも化学調味料がヤマほど入ったコース料理。ゲゲ〜〜ッ!です。
NHKは視聴率を気にするようになってから、おかしくなりました。より正確には、おかしかったモノがより顕著に顕在化したというべきですが。
その契機は『紅白歌合戦』の視聴率が目に見えて落ち始めてから。
ガキ(と視聴率)など無視して、ジイサンバアサンが喜ぶ構成にすべし!そう思っています。
自身、ジイサンになっても観ることはありませんが。
またのお越しを。お待ち申し上げております。
Commented by fff at 2007-08-07 17:10 x
またコメントし損ねてしまいました。PCなしの旅先で、ネットカフェから拝読はしていたのですが、日本語入力できず。旅先で手にした文芸春秋8月号に阿川弘之さんがNHKについて静かに過すことを習へ、という寄稿をされています。ご覧になりましたか?
貴ブログ過去記事、拝読しました。客観と中立、フランスのニュース番組を見ていてあらためて感じるものがあります。フランスのキャスターの感心するところは、インタビューに際しむしろモデレーターに徹するところです。自分が引き出したい結論に都合の良い発言を引き出すような挑発はしません。CNNの騒々しい某人気キャスターあたりと比べると鮮明です。
そういえば私も夢でお会いしたような気がするのですが、ホームパーティーであったかどうか?日本のフィールドではハチマキ(?)して釣っている方がいたら、声をかけてみようと思っているのですが!?
Commented by EJ at 2007-08-07 23:03 x
間抜けなトラックバックが入っていて笑ってしまいました。
Commented by s_masuzawa at 2007-08-11 14:51
>fffさん
またまた、(ちょっと)返信が遅れちゃいました。御容赦のほど。
相当頻繁に日本やら他国を行き来なされている御様子。
“鴻巣”の圏内からほとんど出ない私とはあまりに対照的です。
私の場合、まさに“(鴻)巣ごもり”状態。自慢にはなりませんね。ワハハハ!です。
わざわざネットカフェでお読み頂いているとは光栄至極です。“ドキッ!”としちまいました。
文芸春秋、今日にでも図書館へ行き、読んでみます。
「静かに過ごすことを習へ」は標題かと推察しますが、NHKの番組、“静かに過ごす”どころか“騒ぎ(を)立てる”風と感じるケースが、しばしばあります。
それも、ワケもなく、タイミングもワルく“騒ぎ立てる”から始末が悪い。
ここ数年は特にそう感じますね(といいつつ、たま〜〜〜にしか観ませんし、途中でオイヤになるのが常ですが)。
それこそ、モデレーターに徹すべし!でしょう。ニュース性、ドキュメンタリー性の強い番組は特にです。
(続きます)
Commented by s_masuzawa at 2007-08-11 15:11
>>fffさん(続きです)
「CNNの人気キャスター」、具体的には見当がつきませんが、「自分が引き出したい結論に都合のよい発言を引き出すような挑発」にピッタリの“日本人キャスター”なら複数名、思い当たります。
男2人と女一人。
私の“嘲笑用”に最適の方々です。3人とも今現在、夏休み中ですが。
私の“観賞用”のキャスターさんもいらっしゃいますが(やはり、女性です)、この方も夏休み。
私は一年中が“夏休み”みたいなモンです。ハチマキしながら“夏休み”。
釣り場でハチマキしているフライ屋は滅多に見かけませんから、ワタシである確率は相当高いと思います。
特に長野県でしたら、ほぼ間違いなくワタシかと。
一度ぜひご一緒したいもので。“夢の中”でも“現実”でも構いません。
その時には、「DAKS」のハウスチェック柄の帽子でも被って参ります。似合わんだろうな〜と今、大笑いしちまいました。
Commented by s_masuzawa at 2007-08-11 15:20
>EJさま
ホントですね。せっかくトラックバックとやらをして下さったんで、そう申すのはナンですが……。
少なくとも、私のような「ヒネクレモン」でない方であることは確かのようで。
この方に、御礼申し上げるべきかどうか、ちと思案中です。
ひょっとしたら、“ケンカ”売ってこられたのかもしれませんしねえ。
by s_masuzawa | 2007-07-27 18:09 | ◆てれび・しんぶん論 | Trackback(2) | Comments(15)

●牛や豚 ではやらないゾ 解体ショー


by s_masuzawa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30