◆ふらいふぃっしんぐゴッコ

237.植野稔さん賛歌

a0054043_18332411.jpg
およそ40年ほど前の写真。左のイワナは55cm、右は“泣き尺”ならぬ“泣き50(cm)”。場所は源流域。湖や海育ちのモノではなく、生粋の“源流育ち”。そう知ると、よりそのデカさに瞠目なさるかと。
(続きは、後で。ちょっとヤボ用)

記事の途中ですが……“めり〜・くりすます”

●お待たせシマシタ。12月25日、すなわち『南蛮渡来のバテレン・エレキテル奇祭の日』(←と命名したのは、クレオール清水一郎サン)に続きをしたためることに。

写真の場所は北海道。イワナの紋様や姿態、それにバックの大柄なフキの群生で、そう喝破なさった方もいらっしゃるかと(写真をクリック。バカデッカクなります)。
北海道といえば、ヒグマ。この写真のエリアは、道内でも有数の生息圏。しかも、断然、個体数の多かった40年前。さらには、山奥の最上流域。並みの神経の持ち主では“ヒグマの恐怖”に打ち勝って……なんてえとても無理。以前、1ヶ月かけて北海道内各地を釣り旅し、行く先々でその恐怖を味わったワタクシ、“2度と北海道の源流域には足を──”とね。といいつつ、その次の年もまたその翌年も訪れたけどさ。なぜなら、まさに(エリアによっては&釣り屋にとっては)『桃源郷』だ(った)からだ。
ちなみにこの写真の人物、ワタクシでは(むろん)ない。40年経って大きく変貌──
a0054043_9301045.jpg
当ブログNo.230で紹介した植野稔さんである。先日、拙宅に来訪し御宿泊に。湯葉料理と海鮮鍋(ほか)で、おもてなし。5〜6人前の鍋を、オトコふたりで(ほぼ)ペロリの図。植野さん、60才を(数年前に)超えたとはいえ今なお現役だ。食欲もスゴければ『釣欲』も。さらには『気力』『体力』もだ。ちょっと他には見当たらんだろうよ、かような人物。
ちなみに最初の写真の大イワナを見て、「(ヒグマが多い)北海道だから」「(釣り人が少なかった)40年前だから」というのは早計ナリで。続く写真をドウゾ。
a0054043_8582032.jpg
(釣り人がやたら多かった)10年ほど前の写真。植野さんが手にするイワナは45cm級。(ヒグマが一頭たりともいない)東北地方のとある河川。“潜水艦”と異名をとる50cm級もウヨウヨいるんで、つとに有名な某川。今現在でもウヨウヨである。なぜか。次の写真をドウゾ。
a0054043_9233526.jpg
こういう装備を携帯して──
a0054043_8561753.jpg
こういうコトをしないとイケナイ(行けない&いけない)からである、“潜水艦”と巡り会うためには。ワハハのハ。
a0054043_8553538.jpg
そして、かような大淵は──『泳ぐ』。それも至極当たり前に、しかも重たい装備一式を背負ったまま。すなわち、ほとんど“命がけ”──。ドハハのハ。
a0054043_845896.jpg
植野さんの勇姿。シビれるね、ワタクシは。“カッコイイ〜!”とね。(まだまだ続く)
[PR]
トラックバックURL : http://smasuzawa.exblog.jp/tb/6590237
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 重曹について at 2009-12-24 15:06
タイトル : 重曹について日記
重曹についての紹介... more
Commented by ならおう at 2007-12-23 00:06 x
一体何を食って育ったのか・・・。豊かな山だったのですね。
Commented by EJ at 2007-12-23 21:20 x
右の方に横たわっている魚のようなものも大きそう。続きが楽しみです。中国地方はこんなサイズにはお目にかかれませんし、おそらく昔も無理だったのでは?
今では国内にはこんな桃源郷はないのでしょうか?
Commented by s_masuzawa at 2007-12-24 11:11
>ならおうさん
詳しくは、記事完成までお待ちを──といいつつ、「ヒトが入らぬコト」、これも大きな要因かと。
「人跡未踏」≒「豊かさのメルクマール」かもしれません。
Commented by s_masuzawa at 2007-12-24 11:16
> EJさん
気づきましたか!ハハハってなもんで。その横たわる個体も45cm超。
ご指摘の“桃源郷”、まだまだありますね。その辺りも、記事に。
なお、メール返信がやたら遅延していて申し訳ありません。
記載された御住所&電話番号、大学のでしたね?
御自宅かと勘違いしとりました。
言い訳ズラッと並べて、近々メールをお送り致します。
暫時、御猶予を。
Commented by EJ at 2007-12-24 12:54 x
そうですかぁ、まだありますか桃源郷。ますます続きが楽しみです。

今日は休みですので、のちほど自宅からメールいたします。こっちには自宅の住所等を署名欄に記しております。
Commented by EJ at 2007-12-25 11:13 x
なるほど、写真は拡大できたんですね。
続きの写真の数々に見ほれました。
自分には絶対できない(&やりたくない)こと。(少し高所恐怖症の気があります。)

とはいえ、体力と技術と根性があれば、まだこんな桃源郷が残されているという事実に安堵しています。山奥の環境破壊、中国地方もひどいみたいですし。
Commented by EJ at 2007-12-25 11:23 x
久しぶりにクレオールのブログを覗いてきました。
関東に住んでいたら絶対に常連客になっていると思うので、残念で仕方ありません。
ま、ストレスのない釣行ができる環境をこそ感謝すべきなんでしょうが、だから釣りが上達しないという理屈も成立しそう。
Commented by ならおう at 2007-12-25 22:09 x
写真のクリック拡大は気付きませんでした。ヒグマの聖地ですか。そして東北の桃源郷の存在理由に納得しました。
やはり「人」は最凶の天敵ですね。これらの写真を見て大鳥池に板であろう巨大イワナを想像しました。
Commented by dadlife at 2007-12-26 08:45
s_masuzawaさん、こんにちわ。^^
おーっ、凄いです(イワナもですけど、植野さんヤバイ位に凄いです)。
植野さんの域にまで達すると、自然に対する感性や感覚、死生観などは全く違った所にあるんでしょうね。
因みに、ココで潜水艦が、入れ食いだとしても・・、自分は・・(笑)。
Commented by s_masuzawa at 2008-01-03 08:14
> EJ さん
明けましておめでとうございます。

返信がまたまた大幅遅延し、誠に申し訳けありません。
昨年末、年越しそばを食べ損ねまして、その代りといってはナンですが、“年越し返信”ということで、ご理解頂きたく思う次第です。
『桃源郷』、良き響きが。とはいえヒトによって、その定義が違うものでもあり、大イワナが多数生息する深山幽谷をそう定義する方もいれば、自宅近くの管理ポンドをして、そう位置付ける方も。
そういう点では、“無数”にあるものです。私は“深山幽谷派”ですが。
「高所恐怖症は簡単に治る」。
かようなフレコミで昨年12月にNHK「ためしてガッテン」が放映。興味津々で観たところ、「どこがじゃ!」となりました。
あの番組用の“実験”場面では、一応の“克服”は可能でしたが、常態化は困難ですね、あの方法では。
荒療治がベストかと。
すなわち、無理して出向くことです、私や EJ さんが定義するところの『桃源郷』に。
ご一緒しましょうか?(続きます)
Commented by s_masuzawa at 2008-01-03 10:33
> EJ さん
「クレオールの常連に──」なる EJ さんのコメント、清水さんが読んだら、それこそ、感涙にむせぶやも。
あのヒト、そういうノリに弱いですから。私もなんですが。
ひょっとして、 「クレオール山口大学校門前店」を開設するやも。
そういうノリのヒトですんで、あの方。
ところで、お身体の具合はいかがですか?
すみやかなる快癒を祈念申し上げております。
Commented by s_masuzawa at 2008-01-03 10:52
>ならおう さん
ヒトってえ生き物は、イワナやヒグマにとって最大の(天)敵であるどころか、『地球』にとっては『ガン細胞』でしょう。
当方、その一細胞と自覚ぐらいはしております。“抗がん剤”くらって、消滅するも覚悟のうえ。
大鳥池の巨大イワナ、今でもいるんでは?と思っていますが。
その近くといえば近くの銀山湖には、ウヨウヨいるみたいです。
流入河川のひとつ、永久禁猟の北岐川には、毎年、50cmどころか、70cm、80cmクラスのイワナが溯上してますし。
「イワナのウォッチング」とやらの、聖地化しているご様子。
個人的には、(大)イワナを指くわえて眺めて過ごすなんてえ芸当、とてもとても。
クジラのウォッチングとやらヤッテると、ツバが出てきてしまう性分でございますんで。
眺めているだけで満足するのは、高山に咲く花くらいのものですか。
ガラじゃあない発言でしたね。
Commented by s_masuzawa at 2008-01-03 11:01
>dadlifeさん
ぜひ、ご一緒に!!!
少なくとも、植野さんのお住まいには行こうじゃあありませんか。
ザイルワーク&泳ぎナシでも、尺クラスがウヨウヨいるところが、氏の暮らすエリア内にあるそうで。
イワナじゃあなくヤマメなんですがね。
林道の脇を流れる川だそうですから、『超・安心&安全』かと。
かなりホッとしたことかと。
実は、このワタクシもデシタ。
遺言書いてまでして、イワナ(ヤマメでも可)釣りにゃあ行きとうありませんやで。
Commented by EJ at 2008-01-04 10:36 x
masuzawaさま
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。風邪はまだ治りませんが、本日は年休を取っているので、このまま週末まで寝正月モードをひっぱるつもりです。
学生時代に登山をする先輩に岩登りごっこに連れて行かれたことがありましたが、すぐにねを上げました。わたしも深山幽谷派ですが、自分には到達できないところに桃源郷がある、つまり死ぬまで行けないものと観念しています。それだけに、そういうところで釣りができる人を尊敬します。野球小僧がイチローにあこがれるようなものでしょうか。
もう一人のイチローさんは、昔とあるショップでたたき売りされていた、きれいな女優さん(?)が案内役をしながら自分もフライに挑戦するという、そんな企画のビデオで初めて拝見しました。加賀フィッシングエリアでのストリーマーの釣りだったかな?素人相手ですからテクニックの凄さとかそんなのは全然分からないのですが、かけ合い漫才のような会話の面白さにひかれました。プロショップの方々がみんな気さくなキャラクターの持ち主なら、初めてのお店でも安心して入ることができるんですけどね。
Commented by s_masuzawa at 2008-01-11 10:21
>EJさん
返信またまた遅くなりまして、申し訳ありません。ご容赦のほど。
体調はかなり回復されたご様子、なによりかと。
また、ついでと言っては失礼かな?と思いつつ

『祝!ご成婚記念日』

遅ればせながら──でございました。
私は、『桃源郷』であわや昇天しかけたことが2回あります。ヘズリ途中に落下して激流にドボン!
流されてる途中よりも、無事、“生還”した後のほうが、恐怖心は募るものでして、脚はガクガク、腕はブルブル、歯はカチカチ……。
2回とも握ったロッドを手放さなかったんで、同行者からは「命知らず」というアリガタイお言葉を頂戴しました。ハハハでございます。
(続きます)
Commented by s_masuzawa at 2008-01-11 10:22
>>EJさん(続きです)
もうひとりのイチローさん、そんなビデオに出演しとったんで?初耳です。
「掛け合い漫才」、彼なら可能かと。スカイプや電話でしょっちゅう長電話しますが、まさにソレやっとります。
その内容、全面公開したら、大受けすること間違いなし!もっとも、いろんな方面から、“脅迫状”が(それもカミソリ入りの)わんさ!とばかり届くでしょうが。
EJさんは、スカイプをご存知ですか?
アレ、複数人同時会話が可能ですから、なんでしたら、当方&イチロー氏の“掛け合い漫才”にご参加なさいませんか?“漫才トリオ”になりますが。

Commented by EJ at 2008-01-16 17:30 x
遅いレスですみません。
スカイプって何のことか全然分からなくて、ちょっと調べてみましたが、インターネット電話の一種なんですね。テクノロジーにきわめて弱いので、なんだか怖いですが、身近にやってる人がいないか探してみます。

仲間内で、今年こそ桃源郷を探そうという機運がありますが、中国山地は割と奥の方まで開発されていますので、東北や北海道ほどの夢のような桃源郷はないだろうと思います。ただし、クマの高密度地帯となると近づく人は少ないかもしれません。勝手に「プチ桃源郷」と呼んでいます。プチでも何でもいいから、尺クラスのゴギがドライにビシバシ出るような経験を一度でいいからしてみたいもの。でもザイルがいるようなところは挑戦以前に震えが止まらなくなると思います。

とか何とか言っているうちにもうすぐ解禁なんですよね。私も「ロイヤルコーチマン」を巻いて、自分の技量を試してみようかな?どなたに見せれば技量の判定をしていただけるのでしょうか?
Commented by s_masuzawa at 2008-01-24 03:03
> EJさん
こちらこそ(またまた)返信、遅延しまして申し訳ありません。
「スカイプ」、まったくもって『安心・安全』です。
私は始めてから、ちょうど5年になりますが、“架空請求”だのといったアヤしげなモンは一切ございません。周囲も全く同様です。
さような類いのものであれば、世界で5億人ものユーザーが生まれるはずもなく、また、NECが自社製品に標準装備させることもありえなかったかと。
音質のクリアさはピカイチでして、電話や他のIPフォンなど比較になりません。
ですんで、ぜひ始められては?とお勧めしておきます。
私ぼ場合、スカイプのお陰で電話代が、ひと桁低下しました。すなわち、それ以前は月に数万円だったものが、数千円に。
難点のひとつは、長電話ならぬ長スカイプになること。なんてったって、“タダ”ですから、ついつい。
近々、私のスカイプ・アド(だかコード)をお教えしますんで、ぜひ“長スカイプ”を。
桃源郷なるもの、実は自分の『内側』にあるべきものという考え方も持っています。
その観点からいえば、一ケ所あります。最初にフライでイワナを釣った川。(続きます)
Commented by s_masuzawa at 2008-01-24 03:13
>> EJさん(続きです)
長野県北アルプスの山岳渓流ですが、ザイルワークはおろか、ヘズリ・高巻きも必要ないフツーの渓流で。
30年ほど前のことですが、以来、ほとんど毎年、必ず1回は訪れています。
“CURTIS CREEK”なる用語(概念)がありますが、その「カーティス・クリーク」こそ、「桃源郷」といえるかもしれません。
すなわち、身近にあるものかと。
「ロイヤル・コーチマン」、私も久し振りに巻いてみようかな?と思ってました。
一緒に送ってみませんか?その「技量が分かる」とかのたまっている“エセ・スパート”の方に。ワハハのハです。
ちなみに、あのパターン、マテリアルのグレードが、見た目のデキの7割を占めますね。技量ウンヌン以前の問題で。
てなことも含め、近々、記事にするつもりです。当該パターンを巻き、写真撮影した上でですが、一部、グレードの高いマテリアルの在庫がありませんで、はてさてどうしたものかと思案中です。
Commented by EJ at 2008-01-25 16:58 x
朝、コメントしたんですが、パソコンの不調で送信されなかったみたいです。

身近にスカイプの使用者がいました。詳しく聞き出してさらに不安感を払拭できたらいよいよ導入するかもしれません。したらもちろんお知らせいたしますね。

そういえば、クイルウイングのロイヤル・コーチマンはただの一度も巻いたことがありませんでした。技量以前の問題ですね。でもいいマテリアル持っていないから、巻く以前に否定されているみたいで、ちょっと及び腰になってしまいます。
by s_masuzawa | 2007-12-22 18:39 | ◆ふらいふぃっしんぐゴッコ | Trackback(1) | Comments(20)

●牛や豚 ではやらないゾ 解体ショー


by s_masuzawa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30