◆モロモロ論

320.ドジー1(ココロが凍りついたハナシ)

No.316の記事で記した頂きモノの「ブック型ボトル入りコニャック」。価格を調べてみたら、“大事に大事にチビチビ飲もう、一生かけて・・・”という気になった。
4日前の夜10時すぎのことだった。その一生モノをチビチビやりながら、マジメに“お仕事”をヤッテおりました。キーを叩いておったら電話のコール音が。大学時代からの友人だった。ほぼ1年振りの声。「よう、久しぶりだなあ~」と言いつつ、椅子背中もたれに身を委ねようと足を組み替えた時だった。「ゴトン!」という音が足元で。同時に、「トクトクトク・・・」というヘンテコリンな音が鼓膜に届いた。
その2種類の音のほうに目をやった瞬間、ココロが凍りついた。一生かけて飲もうとココロに決めていたブック型ボトルが倒れていて、その周囲に琥珀色の液体が広がっていたからだ。ナニが起こったか瞬時に理解した。
「△!■!○!×!▼!◎!!!」。なんて叫んだかは記憶にない。「どうした!?」という友人の声に少しは我にかえって、「ワルイ!後で電話する!」とだけ応えて一方的に電話を切った。
コルク栓をしていなかったのである、このワタシ。ソレを、蹴飛ばしちまったんでアル、このワタシ。
a0054043_7533424.jpg

フローリングの上に広がった液体を前に沈思黙考。幸か不幸か、その一帯だけカーペットを敷いていない。価格換算すれば、常飲しているニッカ・ウイスキー5~10本分に相当するだろう量が広がっている――そう認識したら、“吸っちまおう!”と一瞬。直接、クチビルをくっつけて。
“ミットモナイ・・・”そう思った。真新しいタオルを使おう!吸い取ったら丁寧に絞ればイイ。“ミレンがましい・・・”そう思った。開き直った。数ある雑巾の中でイチバン汚いヤツを敢えて選んだ。丁寧キレイに拭き取ってやった。一滴たりとも残さずに。なぜだか、胸がス~~~ッとした。
だいたいがでアル。(お)仕事机の下に、およそ「酒」と名のつく類の飲料系をズラッとばかりに並べていること自体が間違っている――!そう深くハンセイ。
しかしまあ、「ココロが凍りつく」ってえのは本当にあるもんだなあ~と。生まれて初めてかも・・・そう振り返った我がいる
[PR]
トラックバックURL : http://smasuzawa.exblog.jp/tb/8369301
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ならおう at 2009-06-08 21:14 x
さぞや部屋中が良い香りに満たされたことで。ご愁傷様です。
Commented by dadlife at 2009-06-08 21:18 x
s_masuzawaさん、こんばんわ。
masuzawaさんをしてそこまでさせるとは・・、恐ろしいお酒です!
近日中に安全なお酒を持って遊びに行きますね(笑)。
Commented by Akasaka at 2009-06-09 07:55 x
わははは。わかります。
増沢さんが偉大なのは、大学時代からの友人のせいにしないとこですよね。
拙者なら、即、その友人のせいですよ。
無理が生じるなら、エリザベスさんのせいでしょう。
Commented by EJ at 2009-06-09 12:30 x
赤ん坊の粗相の横にウイスキーの空瓶を置いておいて、家の主人に「もったいねぇなぁ」となめさせたのは、いじわるばあさんだったでしょうか?そんなマンガを思い出しました。

値段が分かっていながらなめなかった増沢さんは立派だと思います。私だったらなめちゃったと思います、たぶん。
Commented by s_masuzawa at 2009-06-10 11:12
>ならおうさん
(汚い)雑巾で拭き取らなければ、たぶん、盛期を迎えたブドウ園のような麗しき香りに満たされていたやもしれません。
もっとも、このワタシには似合いませんし、現在、ほのかに香る「ネコ臭」のほうが、日常的営みを続けるうえではセラピー効果を感じますがね。
だいたい、「チビチビ飲もう~」なる根性自体が間違ってました。
もうすぐ空っぽに。
ザマアミロ~ってな気分です。ワハハで。
Commented by s_masuzawa at 2009-06-10 11:27
>dadlifeさん
一昨日深夜、帰りがけに(極めて)安価にして“”安全な”「第4のビール」500ml缶を購入。
駐輪してから他の荷物と一緒に運ぼうと思ったら、その缶がポロリと落っこちてしまいました。
同時に「プシュ~~ッ!」という音が。石っころの上に運悪く。
アルミ缶に穴が――。
どうしたと思イマスカ?慌てふためいて、その穴部にクチビルくっつけ、その場で飲んじまいました。
すなわちです。ワタシにとって、価格は関係ないということにほかなりません。
ただただ、モッタイナイ精神のカタマリということで。
コニャックもやっぱり吸っちまえばヨカッタなあ~と、実のところ。
いつでもお越しを。手ぶらがイチバン、“安全”なんですがね。
Commented by s_masuzawa at 2009-06-10 11:37
>Akasaka さん
「偉大」はいくらなんでも大げさかと。ハハハですワ。
かようなケースで、友人にその責任を負わせるようなタイプは、秋葉原の歩行者天国をトラックで爆走するような手合いに通底するかと感じますが・・・。
Akasakaさんもくれぐれもご自制のほど。
オックスフォード・サーカスの交差点を爆走しようもんなら、ヘタすりゃあ日英戦争勃発の事態になりかねませんぜ。
今日現在のワタシ、英国とだけはケンカしたくはありませんので、くれぐれもよろしくお願い申し上げる次第です。
天安門広場の前でしたら、ドウゾドウゾ。
なんなら、ワタシもご一緒しますがね。わはははは!
Commented by s_masuzawa at 2009-06-10 12:04
>EJ さん
「価格」の問題ではなく、「衛生上」の問題がひとつに。
なにせ、拙宅のネコがしょっちゅう寝転がってるスペースですんで(今も一匹がゴロ~ンと)。
もうひとつは、「御先祖サマの眼」。
ワタシにとって神様仏様観音様よりコワイのが御先祖サマ。
天上から見ていて、御先祖サマお揃いで、「嗚呼~ア、あのバカ!ったくもう・・・」と嘆かれた日には・・・で。
ですんで、「ご立派」なんてえ“誉め言葉”、過分が過ぎて、また違う意味で、ココロが凍てついてしまいます。
少なくとも、けっして清潔とはいえなかった机下の床が、アルコール消毒されたことは間違いありませんので、その点では大いに納得&満足しています。無理やりですがね。
by s_masuzawa | 2009-06-08 05:20 | ◆モロモロ論 | Trackback | Comments(8)

●風止んで 落ち葉で埋まる アノ小池


by s_masuzawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30