◆ふらいふぃっしんぐゴッコ

322.ワハハ的に、言いたい放題

唐突なハナシなんですが、フライフィッシングと和式毛鉤釣り(テンカラ)との関係性を集合論的に表せば、『フライフィッシング⊇和式毛鉤釣り』となるのである。間違っても『フライフィッシング⊆和式毛鉤釣り』はむろん、『フライフィッシング=和式毛鉤釣り』も絶対にありえん!ということで。

すなわち、エイヤッ!とばかりに言い切っちまえば、「和式毛鉤釣りでできることは、フライフィッシングで全てできるが、フライフィッシングでできることは和式毛鉤釣りでできるとは限らない その逆は成立しない」ということである。もっといえば、「フライフィッシングでできることの3割程度も和式毛鉤釣りではできん!」と断言。ちなみに当方、フライにハマる前、10 8年ほど和式毛鉤釣りにハマっていたキャリアが一応アリ。

であるがゆえに、世の和式毛鉤釣り師よ、間違っても、「サカナは毛鉤(フライ)を選ばない」なんて断言しちまっては、マズイ――それも、ひじょうに極めて全くもって相当にマズイ!!!とね。お願いだから、10年とは言わん、3年程度でも「フライ」をヤッテくれんかなもし――でアル。その上で、イロイロ言ってくれんかなもし――でアル。

ただ今、6月26日の夕刻4時。マイケル・ジャクソン(氏)昇天ニュースに驚きつつも、続きをば――。

世の和式毛鉤釣り師の皆サン、はっきり言って、お勉強不足が過ぎる。わが国フライフィッシングの黎明期であった30年前ならまあともかく今日現在に至ってもなお、「毛鉤(フライ)はなんでもイイ」だとか、「ハリを小さくする必要はない」とか、「糸(ティペット)を細くする必要はない」とかの愚論を、公然とばかりに広言して恥じない行為・感覚ってえのは、公然ワイセツ罪にも等しいんじゃあないのかい?とね。「恥部」を堂々と晒しているという点では、全く同じじゃけん。わはははは!

a0054043_16155785.jpg
※見え方がよろしくない場合、写真をクリックのほど――
コレ、拙著『フライパターン・マニュアル』のP.141に掲載した写真。意図的にピントを(極端に)アマくして撮影したニンフ・フライ。和式毛鉤釣りの関連記事には、かような“超甘ピン写真”がちょくちょく掲載されてきた。「渓流魚から見た毛鉤(フライ)はこんなふうに見える!」ないしは「こんなふうにしか見えない!」なんてえ調子のご丁寧な説明書きと「!マーク」付きでである。
最初に眼にしたのは20数年前。「ヤマメはくわえた毛鉤を0.2秒で吐き出す!」てな実験が仰々しくNHKで放映された頃。提唱者は同一。どっかの大学だかのセンセイ(様)。どっちも一笑に附したワタシ。「0,2秒で吐き出したら、ヤマメを釣れるニンゲンなんざこの世に存在せんぜ!」であったし、「大ボケ映像でしか認識できんだったら、眼という器官を備える理由がありゃあせんゾ!!」でアリマシタ。皆さんもそう思いませんか?

今現在は、6月26日夜9時40分。『妻よ!松本サリン事件犯人と呼ばれて・・・』なる“実録ドラマ・スペシャル”を観ている途中。和式毛鉤師連中 和式毛鉤師諸氏のことなど、どうでもよくなっちまった我がいる。ワハハハハ!
[PR]
トラックバックURL : http://smasuzawa.exblog.jp/tb/8492564
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ならおう at 2009-06-27 00:20 x
唐突に記されましたが何かあったのでしょうか?
「こんな風にしか見えない」のなら#20以下のミッジなんか見えませんね。ISO感度での説明、最近のデジカメにもテレビの解像度にも通じる話です。
記事中のマイケル・ジャクソン氏の死去よりも個人的にはファラ・フォーセットさんの死去に何かを感じています。
テンカラには詳しくありませんが、桑原玄辰氏の「空中殺法」はフライでやるには難しい部類かと思います。これをやるには太いティペットが必要でしょう。これで釣れるという事は水中から空中に焦点を合わせる視力も必要で、ぼやけ画像じゃ無理ですね。
Commented by s_masuzawa at 2009-06-27 08:14
>ならおう さん
結果的に、唐突になったにすぎませんで、相当以前からモノ申したいなと。
毛鉤釣り師全般に対してはむろん、フライフィッシング愛好家に対してもです。
「毛バリはなんでもイイ」とか「糸(ティペット)を細くする必要はない」等の愚論、大仰にいえば、「フライフィッシングに対する冒涜」かと。
フライ屋の中には、さような愚論を平然と発する毛鉤屋に対し、モノ申すどころか、なんとまあ、卑屈になっちまう面々も。
「テンカラとフライの融合」なんてえ調子で、愚論に輪をかけたような駄論を標榜するフライ屋などその典型で。
昔から少なくありませんよ、そういう手合い。
かような愚論暴論の類を見聞するたびに、失笑・冷笑を交えながらも看過してきましたが、ごく最近、またまた眼にしましたんで、“ヨッシャ!”と。
ついでに「科学」を生業にする某毛鉤屋氏を、この際、全否定してやろうかな?とも。調子に乗りすぎなんで、その御仁。
(続きます)
Commented by s_masuzawa at 2009-06-27 08:22
>>ならおうさん(続きです)
そう意気込んだまではヨカッタんですが、マイケル・ジャクソンさんがあの世へいくは、松本サリン事件が改めてクローズアップされているはで、ドウデモよくなっちまいました。ワハハハハでございます。
「ミッジングをおやりなさい――そのうえでイロイロのたまいなさい、世の和式毛鉤師諸氏の皆サマよ」。
それに尽きます。
気が向いたら、上記記事の続きをと一応は。とはいえ、記したいネタがぎょうさんありますんで、はてさて、いつになるか・・・。
ファラ・フォーセットさん、マイケルさんの陰に完全に隠れてしまい、その点でもちょっとお気の毒になあと。
追記風になりますが、「空中殺法」・・・ですか。ステキなネーミングですね!ワハハハハ!
Commented by dadlife at 2009-06-27 09:50 x
s_masuzawaさん、おはようございます。
毛鉤を選ばない・・毛鉤釣りというものを根底から否定しかねない発言には正直驚いてます(アララ・・って感じでした)。
伝統を謳いながら、ソレを潰しかねない発言はダメだよな-と(ソレって、自分達の釣りをを否定し、バカにしてるって事なのに・・と、不思議に思いました)。
さて、0.2秒にあわせられる「光速キャスト」でも練習してみます(嘘ですよ・笑)。
今日は朝から夏のような暑さですね。後日、炭酸飲料を持って遊びに行きますので待ってて下さい(爆)。


Commented by k-イチ at 2009-06-27 10:53 x
一昨日は、「オッ!やってくれた!増沢さんさすが!」と思っていたのですが・・・(笑)。
ところで、私との縁を思い出してくれてのp.141写真掲載ですか?(笑)。そう勝手に想像して嬉しい気分に浸っています。
毛鉤師の皆さん、視野狭窄的な都合論がすぎますよね。特に、某センセイ(笑)。
そのあたりも含め、今日から毎日チェックし続編を心待ちにしますので何とぞ期待にこたえて下さい(ませ・笑)。
このままでは、ヘビの生殺しですよ!(大笑)
Commented by s_masuzawa at 2009-06-27 15:26
>dadlifeさん
「まさしく!」ですわね。そう感じられたdadlifeさん、“エクセレント!”と最大級的賛辞を。
毛バリがどうでもイイって抜かす・・・もとい。おっしゃるなら、ラインシステムやら竿やら技法なんぞ、さらにドウデモイイ。
そもそも、「渓流魚はこんな風にボケた状態でしか視認できない」なる“ボケ論”をハナから信じちまうような面々。
「0.2秒論」も鵜呑みにしちまい、「だから、水中で魚体のキラメキが見えた瞬間に合わせろ!」なる愚論までも台頭する始末。
キラメキ見えなかったら(ソッチのほうが多いもので)どうすんでしょうかね?
水面直下を流れる毛バリを見ずに水中を見る――眼が疲れるでしょうねえ~ご苦労なこってです。
レベルというか程度が低いですワ、マジメなハナシ。
それでも「名人」とはこれいかに――。もっとも、フライ界も似たり寄ったりですがね。ワハハのハ!
コッチは35度を超えました。もう飲んじまおうかな?と。
キャスティングできる場所、探してるんですが・・・拙宅前の道路になりそうな気配が濃厚で。
我慢してください。(ドウデモイイ)毛バリは結びませんので。ワハハ!
Commented by s_masuzawa at 2009-06-27 16:44
>k-イチさん
貴殿との(アツキ)会話から4日後の一昨日、とある御仁とも同様の会話を。
そんでもって、ガラにもなく“使命感”がメラメラと紅蓮の炎のごときに――。アッというまに消えしぼんじまいましたが、ワタシらしく。
ドウモすんませんこって。
P.141あたりの記事、思い出しました。そういえば――と。
とはいえ、まったくの偶然。なれどです。「えにし」とは誠おもしろきモノ哉。
視野狭窄のうえに、極端な近視眼。そのうえ、それこそ視細胞密度も粗い――てなカンジで。
「ヘビ」――この場合は、貴殿のことで?あるいはセンセイさまで?
そういえば今朝、ウチのチビ猫が、子ネズミを。半殺し状態。
猫を家の中に隔離し、子ネズミに手当てなんぞを。
何とか立ち上がって、草むらに消えていきました。
つい先日は、ヘビを“完全殺し”状態でくわえてきました。埋めてあげるっきゃないと。
やっぱり、“埋め”ちまいましょうかねえ~とまたまた少しばかり紅蓮の炎が――!
適度にご期待のほど。


Commented by EJ at 2009-06-27 21:35 x
アメリカでフライフィッシングを覚えてから帰国したので、当初は0.2秒とか全然信じられないことがまことしやかにささやかれていることが不思議でなりませんでした。その後増沢さんが「科学的に」そういった俗説を否定してくださって納得し、現在に至っています。
テンカラの世界ってあいかわらずレベルが低いんですね。
私は投げるのも流すのも下手なんで、何とか魚に違和感を与えない、あるいは食べ物に見えてしまう、そんな毛鉤でごまかして釣りたいと思っていますから、サイズ、形、色、浮き方などなどそれなりにバリエーションを持たせて川にでかけます。

そういえば昔どこかの雑誌でフライ対テンカラというくだらない企画をやってましたね。釣りを勝負にする発想自体が時代錯誤で少年マンガレベルだし、圧倒的に数を釣ったフライに対し、たった1匹大きなニジマスを最後にかけたテンカラの肩を持って、「引き分け」ですって。ばかばかしくて笑う気にもなりませんでした。

徹底的に叩いてください。続編を期待しています。
Commented by royal7 at 2009-06-28 08:36 x
ネタは某誌の記事なのですよね。s_masuzawaさんが誌名を明かさないので私も控えます。
あの記事を読んだ感想は「テンカラ名人とはこんな程度なのか」でした。会場の(笑)も(拍手)もズレズレという感じで、テンカラファンのレベルもそんなものなんだと感じました。某誌はそういうのを狙って記事にしたのでしょうか。だとしたら、成功でしょう。
s_masuzawaさんの言うようにミッジングをやればいいんですよね。
でもそうすると自分達を否定することになるので怖くてできないというのが実際なんではないでしょうか。
私も続編を期待します。
Commented by ボヘミアン at 2009-06-28 20:20 x
毛鉤をくわえた魚は0.2秒で毛鉤を放す」とかいう「偏り過ぎた条件下」における「世にも馬鹿げ切った非科学的実験」を素人騙しの虚仮威し的なる種々の電氣的計測装置を並べて(確か20年ぐらい前に)うやうやしく執り行ったセコ科学者●垣某が司会するテ●カラ●ミット2009(ウヒャ~)なる集会の例の記事の件ですネ。
瀬●雄三サン(←掃き溜めの鶴的存在の名手)の「しかし、たるませて流せば魚は糸が張るまでくわえて持って行くんですよ、正直言って。」という
「科学的な」ツッコミに対する司会のピント外れにも程があるお粗末極まりない下司な返答を読んで開いた口が塞がらなかった方々が全国に少なくとも1000人はおられる予感アリの77ページでしたが、こんな脳軟化の爺様が司会では「次号に続きます」とあってもお里が知れる内容だとは思いつつも、テン●ラの世界は「目の不自由な方が象を撫でる」たぐいの近視眼的な輩が相も変わらず多いなァと口には出さねど感じた次第デス。これじゃマイケルも憤死しますわな。合掌。 
Commented by EJ at 2009-06-28 20:23 x
蛇足ながら、誤解のないように・・・件の雑誌の記事に登場したテンカラ名人は私も尊敬しています。ただ、釣果をみたときに、釣法による優劣があまりにはっきりしていたので、「引き分け」の結果は筋書き通りだったのかなとかんぐっている次第です。つまり最後に大物がテンカラ側に出なかったらボツになるはずの企画だったのかなと。
Commented by s_masuzawa at 2009-06-29 09:02
>EJさん
ふたつ下のボヘミアン氏の御投稿をまずお読み下さい。
まさに、「偏り過ぎた条件下」における「世にも馬鹿げ切った非科学的実験」――そのものでした。
NHKのスタジオ使って全国に放映。くだんのセンセイ、“生出演”。嬉しそうに、くっちゃべってました。
“自分を売り込む千載一遇の」チャンス!”と内心思っていたかどうかは知りませんがね。
その当時は、「某大学助教授」なるカタガキでした。
ゆえに『罪』が重いと思います。さらには、自身、「毛バリ釣り愛好家」。
『重罪』かと。
EJさんに言うのもナンですが、かようなカタガキをお持ちの方は、ご自身の発言への責任は、カタガキ分、重くなると思います。
ゆえに、その発言内容が的を外していた、あるいは誤りだったと判明したなら、潔く撤回すべし。
くだんのセンセイ、その潔さが完全に欠如なすっているご様子(※拙著内のどこかで私、先走った記述をした覚えがありますが)。
こうなると、「センセイ」ではなく「セン公」。ワハハハハ!
(続きます)
Commented by s_masuzawa at 2009-06-29 09:08
>>EJさん(続きです)
「フライ対テンカラ」ですか・・・。
「マイケル・ジャクソン対東山紀之」、「クラプトン対ワタクシ」並みの戯れ企画ですねえ。
とはいえ、ヤリ用によっては面白い内容になるかもしれませんが、「釣果」あたりをメインにすえてグタグタやっても・・・でしょう。
比較すべきは、「結果」よりも「プロセス」。問われるのも「優劣」ではなく「発展性」。
30年前となんら“発展”していないご様子の“世界”には、改めて興味を失いました。
もっとも、ある種の老婆心が残ってましてね、その老婆心が結構ヤッカイなんですが。
Commented by s_masuzawa at 2009-06-29 09:59
>royal7さん
「ネタ」というより、「きっかけ」ですね。
“身内”が「恥」をかくのをどうにも看過できない性分です。自分が恥をかくのはまったくもってヘッチャラなんですが。
ご指摘の(笑)と(拍手)、確かに一部には鼻白む箇所が。まあ、ああいう“環境”ですんでね、言うなれば、「身内の集まり」ですから、その点ではごくごく自然かと。
選挙事務所に候補者が現れて、声を張り上げれば、ナニをしゃべろうが一堂うち揃って拍手!ってな環境ですから。
「ミッジングをやりなさい」――コレ、実は和式毛鉤愛好家だけではなく、一部フライ屋にも。
30年全く発展・進歩のない面々がフライ界にも厳然と。“教祖サマ”のもと、“集団行動”繰り返しているそうで。自分らのスタイルこそがフライフィッシングだ!と固く信じこんじまって。
そのスタイル、実のところ、紛れもなく「ルアー」なんで滑稽至極なんですがね。
ワハハハハってなところです。
続編はまあボチボチ・・・と。
なお、「某誌の狙い」はちと勘ぐりすぎですよ。ハハハ!
Commented by s_masuzawa at 2009-06-29 11:35
>ボヘミアン さん
ようこそお越しくださいました。
ボヘミアン さんのコメントをそのまんま記事にしたいくらいで。
ワハハハハ!とばかりに呵呵大笑しちまいました。ただただ感謝申し上げる次第です。
とりわけ、「掃き溜めに鶴サン」のツッコミに対するセンセイ(さま)のコメントのくだり。
実のところ、ひとつはアレにアタマにきて本記事を。本人、余裕をかましているつもりなんでしょうが、無礼千万ですぜ。
もひとつ実は――。「鶴さん」。老婆心がメラメラと・・・。電話しましたら、秋田の集会にお呼ばれなされているとか。「サミット」でないことを祈るばかりです。
しかしまあ、くだんの“センセイ”、いまだに自論に拘泥なすっている様子。シンパ集めるの(だけ)はうまそうですもんねえ。
当方も愚論・暴論の類では負けちゃあおりませんが、少なくともカタガキ構えてどうこう喚いた経験もなければ、「科学」で一円たりとも稼いだことはありませんので、(まあ)許されるかな?と。

(続きます)
Commented by s_masuzawa at 2009-06-29 11:41
>>ボヘミアン さん(続きです)
そういえば、フライ界にもさような“センセイ”が。「水生昆虫の大家」だそうで。
「水生昆虫のことをイロイロしゃべくる前に小学生並みの文章をなんとかしろよ」とワタシあたりに言われる“大センセイ”さまですが、
「秋川にはこんなアイアン・ブルーダン色したウエノヒラタカゲロウが生息しているんだ・・・」と信じちまって、確認に出向いたことが。ワハハハハ!
私が限りなく御尊敬申し上げているとあるフライ界の御方(※この御方こそまさに「掃き溜めのタンチョウヅル」で)に、ズバリ!とばかりにその同定ミスを指摘されたことが。
「謝罪」はおろか、「反論」も「反応」もなかったと記憶していますが、どうなってるんですかねえ~。
電話でもしてみましょうか、イヤミたっぷりに。“サミットごっこ”が好きみたいですから。ワハハハ!
(まだまだ続きますが、ちとヤボ用あって外出を――。夜中に必ずや<続き>をば。ご容赦のほど)
Commented by EJ at 2009-06-29 12:09 x
2つめの蛇足コメントをした直後に、ボヘミアンさんのコメントに気づき、背景が少し理解できました。
魚とは違いますが、シカのマネジメントのことでも、きちんとしたデータを持たずに「権威者」としてしゃべる方々がいらっしゃって困ることがあります。私もネット上で素人呼ばわりされてますが、あえて反論せずに、対抗手段としてデータを積み上げる方針。だから時間がかかります。
持論を曲げない頑固者はどこにでもいるものとして考えておかないと、科学者だからと信用しても、頭に「エセ」の文字が付く場合があるので大変です。もちろん自分もそうならないよう気をつけるつもりです。肩書きが一人歩きするのは恐いですね。
Commented by s_masuzawa at 2009-06-30 08:31
>>>ボヘミアン さん(続きです)
昨夜は“約束”履行叶わずで失礼をば。
当記事に触発されての電話・スカイプが3本(も)。つい数時間前まで、シャベくりまくっておりました。全員、御貴殿のことを話題に。
私なりの推論を披瀝しましたら、全員揃って「だと思いました!」と“興奮”状態に。
(アリガタイことに)「鶴さん」をご心配する声も全員が。御貴殿も「鶴さん」も、『人徳』なんでしょう。羨ましい限りでございます。
和式毛鉤師の中にも「フライのエエとこどりを」と指向なさってる方もおいでになりますが(“サミット”にもご出演)、「思い切って『フライ』に転向すりゃあスッキリするだろうに、このワタシのように・・・」と冷ややかに。
そのワタシのような下衆が勘ぐれば、狭っちい世界(=和式毛鉤界)で少しでも目立たんがために「フライ」を齧ってる――当たらずとも遠からずでしょうや。
「パラシュート」や「サイドキャスト」を披瀝すれば、狭っちい世界では“オオ~ッ!”となりやすい。石器時代の人類にライター(それも使い捨て程度のシロモノ)を披瀝して悦に入るようなモンですがね。
(さらに続きます)
Commented by s_masuzawa at 2009-06-30 08:33
>>>>ボヘミアン さん(最後の<続き>です)
どうせなら、ミッジ・ピューパとアンダーハンド・キャストを披瀝してちょうだいな!と。それもフライ屋に先んじてです。間違いなく無理ですね。ワハハハハ!
ちなみにあの“サミット”、ひとりでいいから、「フライ愛好者が聞いたら、笑い飛ばすかもしれませんが――」なる“謙虚な”コメントを発信してくれていれば、全体の印象も大変わりしていたでしょう。
そういう点で、「次号」に少しばかり期待していますが・・・。
長々と失礼いたしました。
またのお越しをぜひにと願っております。
Commented by s_masuzawa at 2009-06-30 11:00
>EJ さん
その「権威者」とかいうバカタレ、もとい。御仁、EJ さんの記述だけで、どういう手合いか容易に想像がつきます。
どの世界にもおりますね、ゴロゴロと。
そういうのには、“ザ・ドウカツ”がイチバン!なんですが、少なくともEJ さんの穏やかなる御人柄やスタイルには、似合いませんね。
なんなら代わりにワタクシめが・・・と余計なお世話を。なぜか“定期的に”さような“代行業務依頼”を引き受けておりますんで、よろしかったらご検討のほどを。
ま、半分ジョーダンですが、半分程度ホンキです(ワハハハハ!)、すでにEJ さんに対しても、「身内意識」が芽生えておりますんで、どうぞご遠慮なく。
「カタガキの一人歩き」、まあ、笑っちまうほどに多いですねえ~。
カタガキにこだわる面々がいかに多いかという証左なんですが、そういう面々ってえのは、カタガキ構えないと街中も歩けないみたいで。
そういう点では、厚化粧しまくらないと近所の散歩すらもできなくなった(哀れな)中年オバハンと全く同一です。
資格制度・試験制度があってのカタガキなら一応の信用はもてますが、あてにならないのは会社組織のソレ。
(続きます)
Commented by s_masuzawa at 2009-06-30 11:01
>>EJ さん(続きです)
「宣伝部長」とか「マーケティング局長」てなカタガキの主、必ずしも広告宣伝やマーケティングのスペシャリストとは限りませんで、
単にその会社での立ち居振る舞いや“ロビー活動”あたりが評価されただけのボンクラ氏も多いものです。
それに気づかぬまま勘違い。そういう連中との付き合い、アホらしくなりますし、なりましたね。
ゆえに、「縁切り」を――。
爽快な気分で毎日を送っています。ワハハ的にシアワセですねえ~。
Commented by EJ at 2009-06-30 23:10 x
心強い励ましのお言葉いたみいります。
背後に増沢さんの応援があることを知っているだけで、落ち着いて戦えるような気がします。

ボヘミアンさんへの返信を拝読していて、さらに背景が見えてきました。堀◇△愚氏なんかも現代テンカラとか何とか言わずにフライに転向すればいいのに、と思ったこともありましたが、結局はテンカラ界で築いた名声に囚われているのでしょうねぇ。

バイスを使わない毛鉤巻きとか、面白い伝統はあるのですが、いかんせん、理論が欠如していて真面目に付き合っていられない、というのが本心です。いいかげん「時期と場所を選べばフライ並みに釣れる」と、正直に告白してしまえばいいのに、と思います。
Commented by s_masuzawa at 2009-07-05 09:39
> EJ さん
ぜひぜひドンドン“戦って”ください。
「寛容」でいると、勘違いするアンポンタンが大勢おりますんで。
ボヘミアンさん言うところの「セコ科学者●垣某(サン)」もそのひとり。
当記事に関する電話・スカイプは8本(も)。全員がこの御仁に対する非難・批判をクチに。
ついでに、EJさんご指摘の(自称)「現代テンカラ氏」もその対象に。
“名声”・・・ですか。ハア・・・てなカンジですねえ。
どうでもいいっちゃあドウデモイイんですが、フライに転向するんなら、「現代フライ」とでも命名するんでしょうや。
「理論」以上に欠如しているのが、「視野」。
井戸の底から天空を見て、「空って丸い」と言い張るがごとき様相。
まるで、カエルですよ。
その連中が、やたらに広視野を持つ渓流魚を釣ってるとなると、一種のパロディですね。
もっとも、「釣れるサカナだけを釣っている」そうですから、分相応といえなくもありませんが。
返信遅くなり、失礼いたしました。
by s_masuzawa | 2009-06-25 20:12 | ◆ふらいふぃっしんぐゴッコ | Trackback | Comments(23)

●校門が 雲に覆われ 加計ゲート


by s_masuzawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31