◆世事ひょうろん

368.吠える犬・噛みつく犬と振る尻尾

a0054043_23244462.jpg
20数年前、住いを杉並区阿佐ヶ谷から日野市に移した際のハナシ。飼い犬、それも外犬がやたらに多かったんである、ご近所に。某私鉄駅前のちょっとした商業区域を抜けて住宅街に。そこから拙宅までのほんの200mの間に、10余匹の犬が。そのうちの7匹が吠える、ワタシのみならず、その前を通行する誰彼となくすべての人間に。
突如、吠えまくられるとさすがに“ドキッ!”。女性や子供らが、おののく様子も幾度となく目にして、一計を講じる気に。その案、効果テキ面だった。ソーセージを贈呈したんである、通るたびに、しかも、ちょこっと齧ったヤツを――。
1回でダメなら2回、3回。やがては7匹全員、“従順”に。吠えなくなったどころか、うち数匹はワタシを見ると、尻尾を振るまでに。ワタシ以外の誰彼にも尻尾を振るほどではないにしても、少なくとも、キャンキャン吠えるのだけは納まった。『共存共栄』。

現在の地。お向かいに一匹の犬が。昼間は玄関横に寝そべっている。このお向かいのオトウさん&オカアさん、何かとワタシに親切に。自家製野菜やら漬物、ひいては岩魚だの餅なんぞを定期的に持ってきてくださるわけで。たま~~~には“お返し”を――そう思って、贈呈物をご持参申し上げると、その犬、半端じゃあない勢いでワタシに向かって吠え立てるのである。小型の雑種犬。恐くもなんともないのだが、そのたんびにオトウさんにこっぴどく叱られるのが、見るに忍びない。で、“ソーセージ作戦”を――。
効果は絶大だった!――と言いたいところなのだが、以前とは違う(大)問題が。それまでは、ワタシがお向かいを訪問しなければ吠え立てることはなかったのだが、今現在は、ワタシの姿を見ただけで吠えまくるのである、それも尾っぽを懸命に振って、興奮したノリで。つ・ま・り、『催促』するわけなんである、ソーセージを・・・。正直、ヨワッタなあ~で。(続く)

田中角栄さんは、自ら率いた派閥議員のみならず、他派閥の議員にも『現ナマ』を惜しみなく贈呈なさることで権力強化を。頂戴した議員、まず確実に“従順”に。「議員に現ナマ」、「犬にソーセージ」である。その角栄さん、こうボヤいたことが。「オレの顔を見るや、すぐに尻尾振ってくるヤツはダメだ」。お向かいの犬を見るたびに、角栄さんを思い出すワタシ。
目先の現ナマ(だけ)ではなく、角栄流錬金術・集金術のほとんど全てを継承・頂戴したのが小沢一郎サン。その小沢サンの周辺が騒々しい。ゼネコン絡みとなると、思い出すのは角栄さんのイチの子分にして小沢サンの後見人だった金丸信サン。ゼネコン9社(他)からのヤミ献金で割引金融債なんぞを大量に購入して私腹を一生懸命肥やしていた・・・までは、まあヨカッタんだが、それがバレちまって結局は逮捕。容疑は脱税。1993年のこと。これを契機に、政界を揺るがすゼネコン汚職事件に発展。
金丸逮捕の報を受けた贈賄側のゼネコン各社トップの反応が面白かった。某大手ゼネコン社長はこうのたまった。「あんだけの金をフトコロに入れて、所得税を払わんなんて不公平だ!」「そういう問題じゃあないだろ?アンタ・・・」でアル。
こうのたまった某社社長も。曰く。「政治献金のつもりでいたら自分の蓄財に回していたとは・・・・。アホらしくて開いたクチが塞がらない」。このヒト、ゼネコン最大手「鹿島」の当時の社長。元国土庁(現国交省)水資源局長なるカタガキ保有者。元官僚ならではの、ズレ方でアル。数年前にアノ世に逝ったが。元水資源局長のカタガキ活かして、三途の川を無事、渡れただろうか、ちと心配に(ならん。ワハハ!)。
今回の小沢サン騒動でも、「鹿島」の名が。小沢サンがもし逮捕となったなら、さあて現社長、どんなコメント残してくれるのか、皆サマもご注目を――と記していたら、ニュース速報が。「石川知裕議員取調べ逮捕へ」と。こりゃあ、オモロクなりまっせ!

小沢サン、つい先日、どっかのドウデモイイような集まりで、今回の騒動に関し、「――コクミンの皆サンはきちんと理解してくれています。ウンヌンカンヌン」と、いけしゃあしゃあのたまった。先月には、政府首脳陣を前にして、なんかのドウデモイイような政策施行をゴリ押しする際、「――コクミン全員が望んでいます。ウンヌンカンヌン」と、これまた、いけしゃあしゃあとおっしゃった。
その点を、テレビ各局のキャスターやらコメンテーター連中、ああだこうだ責め口調で口撃していたが、この「コクミン」ってえのは、我が日本国民じゃあない。チュウゴク・コクミン。そう認識すりゃあ、腹も立たん。

ワタクシ、個人的に小沢サンに感謝している点がひとつだけある。子供の頃、歴史の授業で習った「遣隋使」「遣唐使」御一行がどのようにしてチュウゴク皇帝に謁見したのか、その様子がどうしてもイメージできなかった。
以来、40数年、前頭葉全体が薄いベールに覆われたようなスッキリしない気分をずっと抱き続けてきた。ところがだった。小沢サン、そのベールを払拭してくれたのである!アリガトウ~小沢サン!600名もの随員引き連れての大デレゲーション。“皇帝サマ”と握手する民主党議員全員の尻部に左右に振られる尻尾が見えたのは気のせいかもしれませんが。
a0054043_23262865.jpg

もっとも、「検察」だって所詮、“権力の番犬”にすぎんし、典型的な“カンリョウ”だ。尻尾だってちゃあんと。あまり振らぬし、吠えずに突如噛み付くのが得意――と記していたら、たった今、石川議員逮捕の報が。次に噛み付かれるのは、はたして・・・・・やたらワクワクしちまう我がいる。ワン!&ガブッ!わはははは!
[PR]
トラックバックURL : http://smasuzawa.exblog.jp/tb/9665331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ならおう at 2010-01-15 23:59 x
プラダを着た悪魔を見ていたら字幕コメントが出て私も今後の展開にワクワクしています。
夕刊には「選挙で国民の審判を受けた・・・選んだ国民に責任が」というコメントが載っており、こいつら奢っているなぁと感じています。
二人ともとっととお引き取り願いたいです。
Commented by s_masuzawa at 2010-01-16 00:24
>ならおう さん
早速のコメント、ありがとうございます。
観ようかな?と思っていたんですが、メリル・ストリーブさんがちと苦手なんで、パスしました。
「選挙で国民の審判を受けた・・・選んだ国民に責任が」なるコメント、鳩山ボクチャン総理ですか?
アレ、“こども店長”級。安倍シンタロウとイイ勝負。自らの意思で決断したのは、ヒトサマの女房を寝取ってテメエの女房にしたことだけ。
もっとも、それだって、肝心の事後収拾も、オフクロ任せでしたが。
つくづく思います、日本ってえのは政治家に恵まれておらんなあと。
それこそ、コクミンがアホなんでしょうがね。
小沢逮捕で、民主党瓦解、自民分裂、政界再編成。
前原誠司(サン)あたりが、一方の核になる気が。悪くはないなと思っています。
Commented by dadlife at 2010-01-16 16:12 x
s_masuzawaさん、こんにちわ。
民主党・・いや-、ちょっぴり期待して損しました。アノ人達って、国民全てが尻尾を振ってると思ってるんでしょうね。
高級ハムでも配ったつもりの鳩山さん、開けてみれば安物のソ-セ-ジ(そんなモンで尻尾は振らないですよ国民は!)と思いながら、小沢さんの幹事長に執着する姿が餓鬼の様に見えて仕方がありません。
あっ、そう言えば、犬って見える範囲は全てテリトリ-なんだそうで、我が家の雑種も遠くを歩く人に吠えてます(迷惑ですよね・笑)。
Commented by s_masuzawa at 2010-01-17 08:10
>dadlifeさん
おはようございますデス。
民主党、まったく期待もナニもしておりませんでしたんで、ヤジ馬的高見の見物を楽しんでいます。
民主党の連中、尻尾も振りますが、旗も振りました。「マニフェスト」とかいう名前のそれも分不相応に大振りのヤツを。
その大旗にまとわりつかれて自滅するぞ・・・とニラんでましたら、早くもその通りに。自縄自縛ならぬ、“自旗自縛”ならぬ、「自旗自爆」。ワハハハハですワ。
あの政党、「ハム」はハムでも、プレスハム。いろんな端肉が雑多に交じって、無理やり固めた“粗悪品”。
現政府なんぞ、それにコクミン新党だのシャミン党などといった、魚肉や爬虫類肉まで混入してますから、とてもじゃないが、食えたシロモノじゃあない。お向かいのワン君だって、ハナも鳴らさず跨いじまうでしょう。
すなわち、「犬跨ぎ内閣」といったところで。
dadlifeさんとこの犬にも、“贈呈”したい気分。「TOP VALUE」ブランドの“安物”ですが、粗悪品じゃあありません。
ニッポン・コクミンに似合った程度にきちんとした味と歯ごたえが。
そんな政党やら政府、日本じゃあ期待もできませんがね。


Commented by Akasaka at 2010-01-17 18:18 x
説の真贋はともかくとして、こういう視線も加えて、今回の件を見ていると、間抜けな陰謀ドラマより面白いかも知れません。
Commented by s_masuzawa at 2010-01-18 02:16
>Akasaka さん
ウ~~ン、どうでしょうかねえ~・・・かような単純構図に納まっちまうもんでしょうか?というのが、ワタシの率直な感想。
小沢さんは石原シンタロウさんが日頃から批判するように、実質的に米国追従型の政治家。それも小泉サンとは違い、『弱気』『控えめ』のソレ。
そのベース基調を小沢さんが変えたという気配はまったくありませんがね、訪中団がやたら“華々しい”様相だったのには、“アレレ?”とは思いましたが。
小沢さんにとって、その基調はまさに生命線。角栄さんのケースを範として(というより、間近で観ていてビビリまくって)、オヤブンの轍は絶対に踏まないハズ。「小心モノ」ならではの懸命なる智恵。
それから、角栄さんがハメられたのは、中国にスタンスを寄せすぎたから――では絶対になく、彼の「エネルギー戦略」が米国の逆鱗に触れたからです。
この「アルルの男」ってえのは、中田安彦さん。『世界を動かす人脈』なる著書を読みました。ひじょうにオモシロイ!ぜひ読んでみたらいかがで?
(続きます)
Commented by s_masuzawa at 2010-01-18 02:48
>>Akasaka さん(続きです)
その中で、そうした面々の持つネットワーク形成のために、『クラブ』が絶対の存在としてあると。「フリーメイスン」なんかもそのひとつ。
小沢さん、さようなクラブにひとつとして加わっていないどころか、さようなクラブ員そのものを敬遠するようで。
社交下手ですからねえ、小沢さん。
今回の「小沢追求」、主導は間違いなく我が国の検察だとニラんでいます。それも一部国内勢力の期待を担ってのです。
民主党の掲げる「脱官僚・政治(家)主導」が官僚連中の意に反して、意外に骨太だったこと(タカをくくっていたフシが随所に)にビビりましたね、明らかに。
小沢さん、その象徴にしてコンダクター。「政治主導」は彼のまさに生命線。
「検察」ってえのは、官僚の中の官僚。すなわち、他省庁の全官僚の“期待”を担っての反撃――それも、狙いは「小沢」ではなく、実質「民主党」そのもの――てな構図のほうが、シロウトには分かりやすいと思いますがね。
Commented by s_masuzawa at 2010-01-18 03:02
>>>Akasaka さん(追記です)
ワタシがいつも言うように、検察ってえ組織、「冬期」にこういうことやりたがるんですワ。
寒いですからねえ~、拘置所は。
さらなる狙いは、「リクルート」。検事志望者、激減しとりますから、ここ数年。
ワタシをスカウトしてくんないかなあ~とね。ワハハハハ!
Commented by Akasaka at 2010-01-18 04:12 x
”「脱官僚・政治(家)主導」が官僚連中の意に反して、意外に骨太だったこと(タカをくくっていたフシが随所に)にビビりましたね、明らかに。”にはなるほどですね。仕分けなんてのはほとんど公開の絞首刑でしたもんね。蓮舫女子なんて若い頃、拙者の周りで悪いこと(違法なこと)やっていたんですけどね。今じゃ国会の中を歩いていると、見学の小学生に「あ!仕分人だ!」と叫ばれるそうです。話し戻します。ま、菱は一家をあげて民主党支持ですから、これからなんか起きそうですね。小沢宅の前で火炎瓶もって大道芸しようとしたのは横須賀の稲ですし。
闇社会、国際陰謀、ユダヤの頂点好きの拙者はジャパンハンドラーズをもう3年以上読んでいます。英国までの郵送料が高いので彼の本は読んでなかったんですが『世界を動かす人脈』はぜひ読んでいます。2012の12月に阿鼻叫喚の地獄絵図で人類が根絶やしにならなければ、来生はロスチャイルド家のボンクラ息子に生まれると決めています。
Commented by Akasaka at 2010-01-18 04:26 x
突然話変わってすみません。m-zawaさんの前のスレの件思い出しました。はよう死んでくれですね。
Commented by s_masuzawa at 2010-01-20 09:14
>Akasakaさん
まず、チュウゴク女。ああいうのがこれからバンバン増えるわけで。
そんなら、『人類滅亡』のほうがいいぜ・・・というのが率直な感想です。
しかし、日本人観光客の評価が最高!というのには、いささか驚きました。他国の面々がいかに酷いかの証でしょうや。
「仕分け=“公開の絞首刑”」。確かにでした。攻められる側(=官僚)のケンカ下手には、ゲンナリしましたが。あれじゃあ、したたかな他国のカンリョウ相手に、ヘナヘナになるのもむべなるかなです。
蓮舫サンに責められていた「女性ナントカカントカ団体」のオバチャンに向って、「コラ!アンタみたいな元中毒患者の不良オンナに言われとうはない!って言え!」とTV画面に向かって喚いていたワタシ。ゲラゲラ笑いながらです。
しかし、蓮舫サン、中学校運動会の開催を知らせる単発型打ち上げ花火に終わりましたね。ワハハです。
確か、“オトコ中毒”・・・でしたっけ?彼女。
(続きます)
Commented by s_masuzawa at 2010-01-20 09:43
>>Akasakaさん(続きです)
「菱は一家をあげて民主党支持」「小沢宅の前で火炎瓶もって大道芸しようとしたのは横須賀の稲」。初耳です。
どっちも、ホニャララ団ぽくありませんがね。
『世界を動かす人脈』には、もちろんロスチャイルド家もロックフェラー家も登場。貴殿が“前者”に生まれ変わるなら、ワタシは“後者”に。
マイケル・ロックフェラーさん並みに、冒険家を気取って(表向きは「人類学者」)、ニューギニア(かアマゾン)の奥地で行方不明になればいいなあ~と(マイケルさん、地元の種族さんに食われたみたいで)。
マイケルさんのオヤジさん(NY州知事)みたいに、愛人宅での“腹上死”はイヤだなあ~と。
少なくとも、ワタシには似合いません。貴殿は・・・・・でしょうがね。ワハハハハ!
ちなみに、同書のトップで紹介されていたのはベルギーの子爵さん。その名前、初めて知りました。相当の“実力者”ながら表に立ちたがらない。
どうせなら、そういう「渋い」存在に生まれ変わりたいもので。
by s_masuzawa | 2010-01-15 10:55 | ◆世事ひょうろん | Trackback | Comments(12)

●校門が 雲に覆われ 加計ゲート


by s_masuzawa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31